1. トップページ
  2. ターコイズの空

泡沫恋歌さん

泡沫恋歌(うたかた れんか)と申します。

性別 女性
将来の夢 いろいろ有りますが、声優ソムリエになりたいかも。
座右の銘 楽しんで創作をすること。

投稿済みの作品

13

ターコイズの空

13/12/18 コンテスト(テーマ):第一回OC 【 猫とアオゾラ 】  コメント:21件 泡沫恋歌 閲覧数:1885

この作品を評価する

 レノは銀色の髪と碧眼の美しい少年である。
 彼の家は代々戦士の家系で父も祖父も勇敢に戦う男だった。だが、レノはまったく腰ぬけで争い事が嫌い、血生臭いことが苦手であった。武術の鍛錬よりも音楽や花を愛でることが好きな心優しい少年なのだ。
 特にオカリナの演奏は素晴らしく、レノがオカリナを吹くと空を飛んでいる鳥が舞い降りて、肩に止まり一緒に囀るといわれるほどの腕前である。
 しかし平和な時はそれも許されるが、ひと度、敵が侵入すれば戦士であるレノは町の人々のために戦わなくてはならない。しかし臆病者のレノには勇敢に戦うことなどできない。

 その彼が剣を振り上げ、怖ろしい魔獣と戦おうとしているのだ。
 北の空から飛んできた魔獣は、レノたちの町を襲って人間を食べるのである。身の丈は人の三倍はあろうか。鋭い爪と強靭な牙を持ち、身体は甲冑のような赤い鱗で覆われ、背中には翼まであるのだ。
 レノの父も魔獣と戦って殺された。多くの戦士が魔獣の餌食にされてしまった。もう町に残っているのは、レノのような腰ぬけしかいないのだ。

 洞窟の奥から、魔獣の咆哮が聴こえる。
 レノの足元には喰われた人々の骸骨や骨が散乱していた。いずれ自分も同じ運命を辿るのだと思うと、恐怖で足がすくんで一歩も動けない。振り上げた剣も格好だけでブルブルと震えていた。
「愚かな人間め! 自分から喰われにきたのか!?」
 耳をつんざくような声で魔獣が喋った。
「なんだ小僧、震えているのか。おまえのようなヘナチョコにわしは倒せんぞ」
 ――そんなことは分かっている。
 この怖ろしい魔獣を倒せるはずもない。では、なぜ、この洞窟にきたのか? それは戦士としての使命と守りたい人が居たからだ。

 幼馴染のニーナとは将来を誓った仲である。
 いくら腰ぬけレノでも、大好きなニーナの前で逃げ出すことだけはしたくない。そんな卑怯者を好きになったと思われたくなかったのだ。
 魔獣退治に来る前、ニーナは自分の金髪を編んで、その中に幸運の石を入れて、レノの首に掛けてくれた。幸運の石はターコイズと呼ばれる青い石で「旅の安全」を守る石なのだ。勇気を与え、邪悪なものや危険から身を守ってくれる。この石は人から贈られると更にパワーが倍増するといわれている。
 町外れまでレノを見送ってくれたニーナ……大きな瞳にいっぱい涙を溜めて「無事に帰ってきてね」と、何度も祈るように呟いていた。ニーナに後ろ髪をひかれながら、魔獣の棲む洞窟にやってきたのだ。

「わしは腹が空いておらんので、おまえを喰う気にならん。殺してもいいが、それもツマラン。小僧、わしを楽しませる芸をしたら命だけは助けてやろう」
 自分に誇れるものはオカリナの演奏しかない。
 レノは魔獣の前でオカリナを吹いた。それは心が洗われるような清純な調べで、演奏している時だけ、魔獣の怖ろしさも忘れることができた。
「小僧……なんと美しい音色だ。――以前、人間だった時のことを思いだした。戦士だったわしは、邪悪な魔女と戦って負けた。そして怖ろしい魔獣に変えられてしまったのだが……わしにも妻子がいた、故郷に帰って家族に会いたい」
 そういって魔獣は涙を流していた。
 怖ろしい姿の魔獣もかつては人間だったというのか、だとしたら魔獣は可哀相な奴だとレノは思った。
「小僧、わしは少しだけ人間の心を取り戻した。もう人間を喰うには止めて、獣だけを喰うことにしよう。そして家族が住んでいる東の空へ飛んでいこう」
 魔獣は飛び立つ準備を始めたが、レノの方を見て。
「じゃが、わしも魔獣だ――。おまえをその姿のままで帰す訳にはいかん!」
 ああ、やっぱり命は助かっても無事には帰れないのか。
「小僧、おまえの首から掛けている青い石はなんだ?」
「これはターコイズという幸運の石です」
「その石のような青空の日には、おまえを愛する者の前では、人間の姿に戻れる魔法にしてやろう。――それで、何に変身したい!?」

 町の人たちの噂だと魔獣は東の空に飛んでいったという。
 それなのに、洞窟へ魔獣退治に行ったレノが帰ってこない。ニーナはレノのことを想って夜も眠れず憔悴していった。このままでは倒れるのではないかと誰もが心配していた。
 数日後、ニーナの足元に一匹の猫がやってきた。
 それは銀色の毛並と青い眼を持つ美しい牡猫で、首には幸運の石のお守りを付けていた。見上げてニャーと鳴く猫を抱き上げて、愛おし気に頬ずりをする。――それが誰なのか、ニーナには分かった!
 青空が広がる日、ニーナと銀色の猫は寄り添うようにベンチに座っている。
 何処からかオカリナの演奏が聴こえきて、小鳥たちが舞い降りて一緒に囀り、幸運の石ターコイズは旋律に共鳴して青く青く輝くのだ。

 銀色の猫とニーナは平和な町で幸せに暮らしました。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/12/18 泡沫恋歌

ドラゴンのイラストはこちらのサイトからお借りしました。http://matome.naver.jp/odai/2134466278183489001

ターコイズとオカリナの画像は検索して使わせて頂きました。


ターコイズ(トルコ石)は「地球をとりまく美しい空」という意味があるそうです。

私はパワーストーンが好きで、オーダーメイドで作って貰ったブレスレットを愛用しています。
旅行鞄には、ターコイズ「旅の安全」を守る石を必ず入れて持ち歩いていますよ(○^o^○)ニコッ♪

13/12/18 笹峰霧子

ターコイズは天然石の中でも特に素敵な色で大好きです。
そんな青空の日に、姿を消していたニーナの恋人レノが猫に変身して戻ってくる……、ハッピーエンドのファンタースティックな物語を読んで幸せな気分になりました。

13/12/18 そらの珊瑚

恋歌さん、拝読しました。

オカリナとターコイズの石がレノを守ってくれたのですね。
闘うということは必ずしも剣だけとは限らない、
勇敢ということは力が強いということだけではない、そんなことも伝えてくれるようです。
ターコイズブルーの美しい空が浮かんでくるようなファンタジー、とってもステキでした!

13/12/18 草愛やし美

泡沫恋歌さん、拝読しました。

これぞ、ファンタジーですね。とぉ〜っても素敵な夢のあるお話でした。
ターコイズ私、大好きな宝石です。あの色が、にゃんこの目であったらどんなに神秘的で可愛いかしら、会ってみたいものですレノ猫に。

面白かったです、ありがとうございました。

13/12/19 クナリ

主人公の心意気や特技にに免じてすべては容赦されて一切解決、ラッキー&ハッピー!
とは行かないところが、ヨーロッパの寓話のようでよかったです。
終盤で、「ああここで猫かー!」と、登場人物の皆さんにはうかがい知れないところで、読み手として、テーマに対する仕掛け方に楽しませていただきました。

13/12/20 泡沫恋歌

笹峰霧子 様
コメントありがとうございます。

ターコイズといえば新しいように感じますが、これは昔から馴染み深いトルコ石のことで
あの青さは深く美しいですよね。

私に12月生まれなので、トルコ石は誕生石です。

13/12/20 泡沫恋歌

そらの珊瑚 様
コメントありがとうございます。

いつも、むさくるしいオジサンや冴えないオニイチャンの話が多い、泡沫恋歌ですが、
今回はファンタジーでいつもと毛色の違う作品に挑戦してみました。
珊瑚さんみたいなお洒落な感じにしたくてね( 〃´艸`)

ターコイズのネックレス、あれからイメージを貰って考えました。

13/12/20 泡沫恋歌

OHIME 様
コメントありがとうございます。

何しろ腰ぬけが主人公で、振り上げた剣もブルブルと震えていたというダメな戦士ですからね。

たぶん、職業選択の自由があれば、戦士にはならないで音楽家として幸せに暮らせたと思います。

ヘタレだけれど、芸は身を助けるで魔獣に殺されなくて済んだのはラッキーというより
他にないと思うよ。

楽しんで貰えて、こちらもとても嬉しい(○^o^○)ニコッ♪

13/12/20 泡沫恋歌

草藍 様
コメントありがとうございます。

ファンタジー! そういって頂けると嬉しいo(〃^▽^〃)o

自分としては精いっぱい頑張って、若い子たちの描くようなファンタジーに
挑戦してみたのです。

常に新しいことに挑戦したい。
いろんな世界を描いてみたいと思ってますから、そういう意味でオーナーコンテストは
新鮮で楽しいよねd(⌒ー⌒) グッ!!

13/12/20 泡沫恋歌

猫春雨 様
コメントありがとうございます。

彼も魔獣ですからね。
それなりの矜持があって、無傷で人間を還したら・・・仲間から「やーい! 人間に負けよったぁ〜」と
バカにされるのかも知れません(o´・∀・`o)アヒャ♪

戦士といえど、勇敢な奴とは限りません。
レノのような、超ヘタレでも矜持を持って頑張ろうとしていたのです。

猫春雨に貰った「雪迷宮」キレイな言葉です。
この言葉からイメージして何か、掌編小説が書ければいいなあー!

泡沫恋歌、頑張ってみます(`・ω・´)ハイ!

13/12/20 泡沫恋歌

クナリ 様
コメントありがとうございます。

オカリナや幸運の石、魔法などといった、いかにも話を面白くするためのアイテムを
作中に織り込んで、それを絡めながらハッピーエンドに持っていくというのは
作者のあざとさです。(〃´・ω・`)ゞエヘヘ

猫は最後に出せて良かったです。
て、いうか、猫になるための魔獣さんの登場でした。

日本昔話なら、レノは魔獣を退治して、宝をいっぱい持って帰り、ニーナといつまでも暮らしました。
めでたし、めでたし・・・でしょうね( 〃´艸`)

西洋の童話では、何かひとつ失うか、呪いが残りますよね?

13/12/21 鮎風 遊

冒険物語かお伽噺のような、最後への物語の展開が面白かったです。
仕方なかったんですね、猫にしてもらうなるほか。
生きて帰るための選択だった、
それでもニーナは幸せに暮らせたから良かったです。

13/12/21 泡沫恋歌

鮎風 様
コメントありがとうございます。

猫になることでニーナの元に戻ってこれたのです。
最初からレノは猫にされる運命だったのですが、青空が広がる日には、
ニーナにだけは人間の姿のレノが見えます。

それが魔獣の優しさでしょうか(笑)

13/12/23 猫兵器

泡沫恋歌様

はじめまして。拝読致しました。
王道で正統派の非常に優れたファンタジーですね。
戦士、魔獣、金髪の娘、オカリナ、それに幸運のターコイズ。世界観を彩るファクターが2,000字の中にこれでもかと散りばめられ、とても楽しんで読むことができました。
青空の下、清らかなオカリナの音色により、レノが人の戻っていることを思わせる、最後のシーンの美しさが特に秀逸と思います。

13/12/24 泡沫恋歌

猫兵器 様
コメントありがとうございます。

初めまして、泡沫恋歌と申します。O┓ペコリ

今回、猫兵器様の第一回OC 【 猫とアオゾラ 】に参加させて頂きました。
新鮮なテーマで作品を書くことができて、とても勉強になりました。

あまり書いたことのないファンタジーという分野に挑戦してみましたが、
楽しく書くことができて、猫兵器様には感謝しています。
その上、読んで頂き過分なお褒めのお言葉に、とても嬉しく喜んでいます。

重ねて、ありがとうございます。
今後共、どうぞよろしくお願い致しますo( _ _ )o

13/12/27 朔良

泡沫恋歌さん、こんにちは^^
拝読いたしました。
そうか〜、やっぱりそのままの姿では帰してもらえないのですね…。
剣ではなく音楽で魔獣を改心させたレノ、素敵です。
ターコイズの使い方も秀逸でさすが泡沫恋歌さんの作品だと思いました。(ターコイズの石言葉? 素敵ですね!)
銀色の猫に替えられてしまったとはいえ、晴れた日には恋人同士に戻れる二人、きっと幸せに暮らせますよね。
とても楽しかったです、ありがとうございました。

13/12/28 泡沫恋歌

朔良 様
コメントありがとうございます。

音楽で魔獣に人の心を甦えさせたのは凄いことだと思う。

青空の美しい日には人の姿に戻ったレノといつまでもニーナと
幸せに暮らしていけるとイイですね。

ちなみに、レノという名前はフランスの俳優ジャン・レノから頂きました(笑)

14/03/22 リードマン

拝読しました!
美少年って、それがもうファンタジーですよね(笑)
パワーストーンは良く、首から提げてます。

14/03/23 泡沫恋歌

リードマン 様
コメントありがとうございます。

パワーストーンは効果がありそうで、私もブレスレットやネックレスで
持ってますよ。

ログイン