1. トップページ
  2. 宝くじ

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

2

宝くじ

13/12/02 コンテスト(テーマ):第四十六回 時空モノガタリ文学賞【 夢 】 コメント:4件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1299

この作品を評価する

 これは、つい先日私の身の上におこった話である。
 夢を見た。宝くじを買う夢だ。当たったのかはずれたのか見る前に、目がさめた。

 私は、めったに宝くじを買ったことはない。
 たまに買っても、当たったためしもない。
 でも、この夢には、何か意味があるような気がする。
 私は、意を決して宝くじ売り場に向かった。ロトシックスは、むずかしいと思い、
ふつうの二百円のレインボーくじにした。
 千円以内におさめようと思っていたのに、なぜか、
「七枚ください。」
と言っていた。結局、千四百円払って、家に帰った。

 発表日までの一週間、私は、(当たるといいなぁ・・・。千円でも返ってこないかなぁ・・・。)と、首を長くして待っていた。

 とうとう、発表日がやってきた。
 新聞を、どきどきしながらひらく。

 一枚目、はずれ。
 二枚目、はずれ。
 三枚目、下一ケタが当たって、二百円。
 二百円でも、当たらないよりは、ましか。

 四枚目、はずれ。
 五枚目、はずれ。
 六枚目、はずれ。
 やっぱり、そう簡単には当たらないよなぁ、と思っていたら、
 七枚目。
 
 あれっ? 一万円当たってる。目を疑った。もう一度、数字をにらむ。
149。手元の数字も、149。当たってる!やったぁ!ばんざい!

 また、いつか宝くじの夢をみたら、今度も絶対買うぞ。また、見るかどうかはわからないけどね。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/12/02 泡沫恋歌

こぐまじゅんこさま、拝読しました。

一万円当選! おめでとう!!

凄い、なかなか一万円でも当たらないよ。
今度はもっと大口が当たるかも知れませんね||*´∀`)。o○(ワクワク)

13/12/02 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメント、ありがとうございます。
はじめて宝くじで一万円、当たりました!
夢に宝くじがでてきたら、買ってみてくださいね。

14/03/12 リードマン

拝読しました!

私も是非あやかりたいものです。

14/03/13 こぐまじゅんこ

リードマンさま。

コメントありがとうございます。
本当に、自分でもびっくりです。

ログイン

ピックアップ作品