1. トップページ
  2. 神様みたいな人

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

5

神様みたいな人

13/07/29 コンテスト(テーマ):第三十七回 時空モノガタリ文学賞【 神 】  コメント:7件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1796

この作品を評価する

 私は、小学三年生の娘をもつ主婦。
 毎日、パートから帰って、急いで晩ご飯の支度をして、娘の塾や習い事の送り迎えをして、お風呂に入り、午前零時にベッドにもぐりこむという生活をしている。
 
 ただでさえ忙しいのに、その上、今年はPTAの役員まで、引き受けてしまった。
 PTAだけは、断ろうと思っていたのに、他の人にうまいこと言いくるめられて、結局断り切れず、引き受けてしまった。

 今日は、第一回目の役員会がある。
 会議室に行くと、いかにもよくできそうな子の親たちが集まっている。
 なんだか、場違いじゃないかと思いながら、席に着く。
 ひととおり自己紹介を終え、私は、その中のひとり、鈴木ゆき子さんと仲良くなった。

 鈴木さんは、おとなしそうな人で、おだやかな笑い方をしていた。私は、直感で、この人はいい人だと思った。
 役員会は、月に一回あった。毎回、集まっては、いろんな話をする。

 鈴木さんは、いつも始まる十分前に来て、怒らない、嫌味も言わない、愚痴も言わない、人の悪口も絶対言わない、完璧な平和主義者というか、本当に神様みたいな人だった。

 私が、
「佐藤さんって、ちょっと意地悪よねぇ。」
と言おうもんなら、
「あら、そんなふうに人のことを言っちゃいけないわ。」
と、注意される。

 私は、だんだん、鈴木さんと付き合うのが、おっくうになってきた。
 私は、神様とは友達になれないということがわかったのだ。
  
 神様は、やっぱりあがめたてまつるもので、下々の話は、できないんだよね、と痛感したのである。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/07/30 泡沫恋歌

こぐまじゅんこさん、拝読しました。

鈴木さんは良い人かも知れないけど、
良い人過ぎて付き合い難いです。

私もこういう神様みたいな人は苦手ですよ。

13/07/30 yoshiki

読ませていただきました。

とても素直なお話の流れでした。たまに人の悪口を言うのも人間的ですし、聖人みたいな人は政界にでも入って国に尽くしてほしいですね(*^_^*)

13/07/31 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメント、ありがとうございます。
いい人すぎて疲れるってこと、ありますよね。

13/07/31 こぐまじゅんこ

yoshikiさま。

コメント、ありがとうございます。
政界も、いい人ばっかりでは、やっていけないのかも。
政治のことは、よくわかりませんが・・・。

読んでくださって、ありがとうございました。

13/08/01 こぐまじゅんこ

凪沙薫さま。

コメントありがとうございます。
ちょっと悪い人の方が、もてるって言ったりしますもんね。
人は、完璧に正しい人といるのは、きついのかも・・・と思って書きました。深い話と言ってくださり、うれしかったです。

15/03/11 南野モリコ

こぐまさん、読ませて頂きました。

鈴木さんはいい人なんかじゃありませんよ。
神様は皆と友達です。

15/03/11 こぐまじゅんこ

ミナミノモリコさま。

コメントありがとうございます。
あはっ。本当の神様みたいな人と友達になりたいですね。

ログイン