1. トップページ
  2. 理想の男性

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

3

理想の男性

13/07/15 コンテスト(テーマ):第三十六回 時空モノガタリ文学賞【 無口な人 】 コメント:7件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1493

この作品を評価する

 私、広田ふみ子。大学二先生。下宿で一人暮らしをしている。彼氏いない歴十九年だ。
 悲しい。悲しすぎる。
 女友達は、みんな口をそろえて、
「私が男だったら、ふみ子みたいな女の子、絶対、ほっとかないんだけどなぁ・・・。」
と言う。
 でも、実際、私は、ほったらかされているのだ。
 私の理想の男性は、ずばり高倉健さん。
 あの無口でしぶい感じがたまらない。友達に言うと決まって、
「ふみ子、しぶすぎる!」
と笑われる。

 私は、男は無口な人が絶対いいと思う。ぺらぺらぺらぺら、あることないことしゃべってくる男は信用できない。

 昨年、体育の授業のクラスでコンパがあった。そこで、知り合った男は、やたら私に話しかけてきた。そのときの私は、今より五キロもやせていて、自分で言うのもなんだが、まぁまぁいけてる方だったのだ。
 その男は、自分が名古屋出身だとかなんとか、聞いてもいないことをぺらぺらしゃべり、私が、ソフトクリームのコーンを食べていたら、
「えっ、コーンのところも食べるの? そこは捨てるところだよ。」
と言ってきて、私は、
「はぁ?」
とあきれて大声をだしてしまった。
 私の大好きな体育の先生との会話もさえぎられ、えんえん男の相手をさせられたのだ。

 そして、また今年も、そのコンパがあった。
 あれから太ってしまった私は、昨年のときより、あきらかにブサイクになっていた。
 そんなとき、例のあの男に言われたのだ。
「広田さんって子、もう一人いたよね。昨年、来てたんだけどなぁ・・・。」
と。
 私は、男というものは、見た目だけしか見ない人種なんだと、心底がっかりした。

 あれ以来、私は、口の軽い男は大嫌いなんだ。
 いつかきっと、二十代でも高倉健みたいに無口でかっこいい王子様があらわれると信じている。

 もうすぐ、彼氏いない歴二十年になるけどね。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/07/15 かめかめ

コーンが美味しいんやないか!
と小一時間説教したいですね。

13/07/15 こぐまじゅんこ

かめかめさま。

コメント、ありがとうございます。
まったく、そのとおりです。

13/07/16 泡沫恋歌

こぐまじゅんこさま、拝読しました。

私も口の軽い男は幻滅ですわ。

ペラペラ喋る男はウザイだけよね。

この主人公の気持ち分かります。

13/07/17 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメントありがとうございます。
私も、口の軽い男は嫌いなので、気があいますね。
うれしいです。

13/07/21 芝原駒

拝読いたしました。
テーマである無口な人を登場人物として直接扱わない独自性に惹かれました。
一年間でクラスメイトからも判別できないほどの変化を遂げた理由が気になります。

13/07/22 こぐまじゅんこ

芝原駒さま。

コメント、ありがとうございます。
あっ、体育の先生のコンパは、先生が受け持ってるいろんな学年の生徒が参加していて、この口の軽い男の人は、ふみ子よりひとつ上の学年だったんです。その説明がなかったですね。書き忘れていました。
ふみ子は、冬にミスドのドーナツを食べすぎて太っていました。

軽く実話です。

13/08/09 こぐまじゅんこ

凪沙薫さま。

コメント、ありがとうございます。
実際に言われたんですよ!びっくりしました。
私は、コーンを捨てたことはありません。あはっ。

ログイン