1. トップページ
  2. 奇妙な密室殺人

yoshikiさん

面白い作品を知り、自分でも書いて見たくなって何年も経ちました。よろしくお願いします。 2010年 小説現代S&Sコーナーに初めて送った作品が掲載されました。作品名『幽霊の見える眼鏡』 とにかく面白いものが書いていけるといいなと思っています。 イラストはエアブラシと面相筆で昔描いたものです。

性別 男性
将来の夢 楽隠居
座右の銘 不可思議はつねに美しい、どのような不可思議も美しい、それどころか不可思議のほかに美しいものはない。アンドレブルトン

投稿済みの作品

1

奇妙な密室殺人

13/06/17 コンテスト(テーマ):第三十四回 時空モノガタリ文学賞【 探偵 】 コメント:4件 yoshiki 閲覧数:1621

この作品を評価する

 明智小次郎は権田の死体をじっと眺めながら、深いため息をついてちらりと壁を見やった。そして何回か頷き今まで険しかった表情をいくぶん柔和なものにした。読者は明智小次郎の名をきいてすぐにあの探偵小説の先駆者、江戸川乱歩氏の生んだ世紀の名探偵を連想されることだろう。
 しかしこのお話に登場する明智小次郎と言うのは本名ではなく、かの素人探偵、明智小五郎にあこがれて自分でつけた偽名である。しかし彼もまた素人探偵であり、明晰な頭脳を持っていた。そして彼は刑事を職業とする私の信頼できる友人の一人である。

 ――今回の難事件のあらましはこうだ。
 ある時、権田次郎という土地の有力者が殺害された。場所は権田氏の広大な屋敷の一郭に建てられた八畳あまりの離れである。そこは古風な茶室であり、その中で権田氏は無残に血に塗れて死んでいたのだ。死因は全身打撲で、遺書も動機も何もなく自殺の可能性はほとんどなかった。しかも打撲は後ろから殴られたような痕もあり、兇器も出てこず、ドアの鍵は内側からかけられてあり、窓も同様、内側から鍵付きクレセントがしっかりロックされてあるのだ。
 私はどうやって犯人が権田氏を殺害し、この小さな茶室から逃亡できたのか、皆目わからず、彼、明智小次郎に相談を持ちかけた次第なのである。彼に携帯で連絡すると、最初はテレビドラマを見ている最中だからと、かなり渋っていたが、事件の概要をきくと『おもしろそうですね』と言って、私の話にきき入り、すぐに現場まで来てくれたのである。そして彼はたちどころにこの難事件を解決してしまうのである。
 彼は淡々とこう語った。
「これは複数の人間が力を合わせて行った殺人事件ですね。よくごらんなさいこの茶室の周りにおびただしい足跡があるじゃありませんか、それに犯人たちはどうやら屈強な体力の保持者だ。そしてこの茶室の床下には太くて丸い柱が何本か横に渡してある。これが動かぬ証拠ですよ」
 私には彼の言う事の意味がさっぱり解らず、暫らく押し黙っていたがそれを察した彼が事の真相を丁寧に最初から語ってくれた。
「いいですか、犯人たちはまず複数でこの茶室を取り囲んだ。たぶん地上げ屋みたいな、あこぎな事をしていた権田氏を恨んでいた連中でしょう。ここに来る途中、僕は権田について調べておきました。まず彼らは茶室に権田氏が入るのを見届けてから、故意に大声を出して権田氏を脅したのでしょう、だから権田氏は怖くなって内側から鍵をかけた。そこで彼らはこの茶室をゆすったのです。あらん限りの力でです。そのために兼ねてから床下に丸太を渡しておいたのです。最初は震度三、そして震度四、五、六、七……。権田氏の身体はもうその時、宙に踊っていました。そして壁に柱に、果ては天井まで何度も体を激しく打ち付けられたのです。刑事や鑑識の皆さんは天井の血痕にお気づきでしたでしょうか? わずか数分の間に権田氏は致命傷を負ったのです。それを見届けた犯人たちは丸太を持ち去るつもりでしたが、家の者に感づかれそうになったので慌てて逃げたのです。恐るべき兇行でした。その事を裏付けるように、奥さんや家政婦が、深夜に大きな音がしたと証言しているではありませんか。指紋が見つからないのは彼らが軍手をしていたからでしょう。犯人は最近追い立てをくった者の中に必ずいます。きっと屈強な男達に違いない。超人的とも言える。さあ、あとは僕は家に帰ってドラマの録画をみなけりゃいけませんから、刑事さん達にお任せいたしますよ」
 彼、明智小次郎はそう言って、もじゃもじゃ頭をかきながらほがらかに笑った。
 私はただ担がれたように、しばらくその話を信じられなかった。しかし犯人たちがこの土地に住むプロレスラーの団体であることが、後になってわかった次第である。

                      おしまい


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/06/17 かめかめ

古風な茶室の窓にクレセント錠がかかっているのを見たことがありません。

13/06/18 yoshiki

かめかめさん。コメントありがとうございます。

確かに鍵はミスマッチかもしれません(~_~メ)

でもこれはお話自体があり得ないコメディなのです。(*^_^*)

13/06/19 yoshiki

伊屋坂手当さん。丁寧な感想ありがとうございます。

ご指摘はもっともだと思います。特にAについては全く意義はございません。考察くださってありがたく思います。
ただこの話で作者が期待した読者様の感想は「こんなばかな、ありえねー(笑い」です。ギャグを真面目くさって語ったという感じで、読者様がそう感じられなかったとしたら、作者の未熟以外のなにものもないでしょう。
m(__)m失礼いたしました。

ログイン

ピックアップ作品