1. トップページ
  2. 太平洋

sukonさん

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

太平洋

13/06/15 コンテスト(テーマ): 第十回 【 自由投稿スペース 】  コメント:0件 sukon 閲覧数:978

この作品を評価する

   太平洋
 


青年は海を見たことがなかった。
 
 正確にいえば、見たことはある。だがそれはテレビで流れる映像や写真などであって、地平線の彼方まで無限に広がり、黒く青くゆらゆらと太陽を反射し、波打っている海ではない。四角い、数十センチに納められた小さな水たまりである。
 
 洋治は高校二年の冬、無性に海が見たくてたまらなくなった。「思い立ったが吉日」という言葉がある。明日、海へ行こうと決めた。  
 
 学校から帰ると、二階の自分の部屋へと駆け上がった。下で母が何か言ったような気もするが、さほど重要なことではあるまい。
リュックサックを乱暴にベッドの上へ投げると、引出しから茶色い長財布を取り出す。いつも所持している財布ではない。お金をためていた財布である。五千円以上はあった。これだけあれば、電車で行って帰ってこられる。
五千円を取り出し、引出しを閉じた。
 
 海へ行くにはどの電車に乗ればいいのか詳しくはわからない。けれども調べなくても良い気がした。なんだかどうにか行けそうな気がするのだ。

 翌日、朝八時に目をさまし、支度を始めた。
持ち物は特にない。こういう時、普通はカメラを持っていくのかもしれないが、今回ばかりはその必要はない。写真を撮っても、それはいままで見てきた海と同じであるからだ。   
クローゼットを開ける。最近あまり服を買っていなかったせいで、夏物の薄い生地の服ばかりしかない。しょうがなく何枚かを重ねて着てみたものの着心地は悪い。
 支度を済ませ玄関を出た。なぜだか、今から長い旅にでも出るような心地がして、洋治は家に向かって軽いお辞儀をした。すると同時に恥ずかしくなって、周りをきょろきょろと見渡すと、足早に駅へ向かった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス