1. トップページ
  2. コ・ロ・シ・テ・ア・ゲ・ル

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

コ・ロ・シ・テ・ア・ゲ・ル

13/05/06 コンテスト(テーマ):第三十回 時空モノガタリ文学賞【新人】 コメント:7件 鮎風 遊 閲覧数:2544

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

 白いビルと黒いビルの間に、巾六〇センチほどの犬走りがある。それは反対側の大通りへと通じている。そしてそこには少し違った世界がある。
 こんなことを知っているのは魔美(まみ)だけだった。

「遅いぞ、さっさとコーヒー入れろよ!」
 時間通り出勤してきた魔美に、高木係長から居丈高な指図が飛んできた。
 魔美はこの雑誌社に入社してまだ二ヶ月、新人だ。従って、朝から不機嫌な係長の要求も「はい」と素直に聞かざるを得ない。
 しかし、この部に配属され、繰り返されてきたパワハラ、まるで菩薩のように優しい面差しをした魔美であっても、もうウンザリだ。
 それでも魔美はふんぞり返る高木のデスクまでコーヒーを持って行った。そしてじわりと係長にすり寄る。
「ねえ、私もそろそろ取材したいわ」
 新人らしからぬ囁き、それがあまりにも甘ったるく、「どんな取材だよ?」と訊く係長、朝っぱらからその目つきが下品なものになる。
 これに魔美は負けじと「百鬼夜行です」と言い放つ。
 これは新人の精一杯の自己主張、高木が一応「百鬼夜行って、妖怪が行進するやつか?」と問い直す。そして魔美の香りに毒気を抜かれ、「アニメチックで面白そうだな」と寝不足の目をにぶく光らせる。
「係長、今日は六月巳日、百鬼夜行日なのです。だから今晩行進がありますよ。ご一緒しませんか?」
 魔美からの突然の誘いに高木の胸は高鳴る。「どちみち嘘だろ。だけど連れてけよ」と横柄さは変わらない。

 その夜、魔美はこのいけすかない係長をビルの隙間へと招き入れ、そこを通り抜け、大通りへと連れて行った。
 しばらく待つと、西の方角から妖怪たちが行進してきた。
 二人の目の前を、人を食らう山姥(やまんば)、鎌のような爪で切るつける鎌鼬(かまいたち)、麗女に化けた絡新婦(じょろうぐも)といった妖怪たちがおぞましい姿でぞろぞろと歩いて行く。
 他に、濡女(ぬれおんな)に提灯お化け、砂かけ婆にお歯黒べったり等々の魑魅魍魎がとにかく行進して行く。まさに圧巻だ。
 これを目の当たりにした高木係長、身の毛がよだつ以上に熱狂している。こんなスクープは新人には渡せない。こう思ったのだろう、遂に列に加わり歩き始めた。

 そして一夜が明け、魔美はいつも通り出勤する。だが係長の姿がない。ニュースによると大通りで心臓発作を起こし、死亡したとか。この悲報を知った魔美、フフフとうす笑い。

 その夜、魔美は先輩スタッフの花木洋介から食事に誘われる。
「なあ、夕べ係長と一緒だったんだろ? 何があったんだよ?」と魔美を心配してくれている。入社してから知り合った花木だが、ハラスメントから守ってきてくれた。そんな花木に魔美は信頼をおき、話す言葉に嘘がない。
「取材で途中まで一緒だっただけ。だけど係長は知らなかったのよね」
 花木が首を傾げ「何を?」と問い返すと、「普通の人間が百鬼夜行に遭遇した時、カタシハヤ、エカセニクリニってね、呪文を唱えないと、妖怪にもて遊ばれて、あの世行きになるのよ」と魔美は話す。
 花木は魔美のお喋りが現実離れしていて、可愛く、胸ズッキューン。そんな花木を魔美はいたずらっぽく見つめ、鈴を振るような声で。
「だから、花木さん……、して上げようか?」
 こんな会話の展開に、花木は摘まんでいた真っ赤なマグロをポトリと落としてしまう。後は口をポカンと開けたままに。
「バカ、勘違いしないで、Hじゃないわよ。花木さんにも嫌なヤツがいるでしょ。言ってみて、私が……コ・ロ・シ・テ・ア・ゲ・ル」
 二人の間に重い沈黙が。だが花木は最後にボソボソと答えてしまう。「ああ、山田課長だよ」と。

 次の百鬼夜行は七月の戌日に催された。そして係長と同様、山田課長は大通りで行き倒れとなり、お陀仏に。
 さらにだ、事はこれだけでは終わらなかった。花木にとって鬱陶しいヤツはほとんど黄泉の国へと。お陰で上のポストはガラ空きに。これで出世が早くなった。
 こんなおどろおどろしい出来事を、魔美と共有してしまった花木、その関係は抜き差しならぬものとなる。とどのつまりが婚約へと。

 ある日、魔美が花木に求める、一度母に会って欲しいと。
 白いビルと黒いビルの隙間を通って訪ねてみると、魔美の母は菩薩のように美しい。そして魔美の母が花木に穏やかに話し掛ける。
「世間では、私たちのことを恐ろしい夜叉で、男心を惑わせ、命まで奪ってしまう縁障女(えんしょうじょ)と呼ばれているのよ。だけど心配しないで、生涯愛してくれる夫の命は奪わないから。だから私、早く縁障女の血を引く……、孫娘がみたいわ」

 これで魔美は妖怪だった、そう確信した花木に、魔美が耳元で囁くのだった。
「新人の私、あなたをゲットできたわ。だから優しくしてね。でなければ……、コ・ロ・シ・テ・ア・ゲ・ル」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/05/06 ドーナツ

拝読しました。

パワハラ> 面白い!
セクハラよりも、男性にはこれするとあとが怖いですね。

仕事もあんまり良くを出しすぎると、妖怪に遭遇してお陀仏。。。と考えると怖いですが、このお話面白いです。花木くんは、もうお気の毒としか言い様がないですね(笑

13/05/06 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。
妖怪も様々なものがあるのですね。水木しげるの世界では、怖いというより人間の友人のようなものだと思っていましたが、妖怪の実態はこういう恐ろしいものなんですか。怖ろしいのは、人間界に交じってしまえば、わからないというところですね。
もしかして、あの人が急死したのは……。なんてありそうに思えてきました。コロシテアゲル、ああ、コワ!! ぞっとしました。

13/05/06 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

水木しげるの妖怪漫画みたいで、私はこういうお話大好きです。
妖怪でも一途にひとりの男性を愛してくれるなら、魔美さんは素敵な
女性ですよね。

人間と妖怪のハーフの誕生も楽しみ。
この家族はシリーズ化できるかもです(ο・ω・)b

13/05/19 鮎風 遊

ドーナツさん

面白く読んで頂いて光栄です。
人生どこにワナがあるかわかりませんね。

13/05/19 鮎風 遊

草藍さん

妖怪、実は魔界都市・京都で、ウロウロしてまして。
四条河原町でよく見掛けます。

どうも人混みが好きなようです。

13/05/19 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

妖怪とのハーフ。

どうも妖怪の方の血が濃く、やっぱり妖怪になるのですよね。
そんなヤツがおりました。

13/05/19 鮎風 遊

凪沙薫さん

コメント、ありがとうございました。

花木のその後、もちろん馬車馬のように働かされました。
周りにもいますよね、こんな男。
あれはカミさんが妖怪なのですよ。

ログイン
アドセンス