NOGAMIさん

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

謝罪

13/04/27 コンテスト(テーマ):第二十九回 時空モノガタリ文学賞【 手紙 】 コメント:0件 NOGAMI 閲覧数:1560

この作品を評価する

どうしてこうなったのか、咀嚼できないまま手続きだけが機械的に進んでいった。
「被害者に謝罪文を送ってみてはどうですか?法改正で量刑が重くなったんです。このままでは実刑ですよ」
「・・・・・」
「さ、早く!」
弁護士は「法改正が、法改正が」という説明を繰り返すだけで具体的な説明をしてくれない。便箋の下半分を左手で押さえ、右手でボールペンを持つ。最後に手紙を書いたのはいつだろう。おそらく小学生の頃だ。あの頃はキャラクターのイラストがプリントされた楽しげな便箋で手紙を書いていた。今、手元にある便箋は白地に罫線が入っているだけのシンプルなもの。その無機質さがよりいっそう気分を暗くさせた。


「私の言うとおりに書けば、執行猶予がつくかもしれません」
高額な報酬を払ってるんだからそれくらいはやって当然だと思ったが、黙って指示に従う。
「まず、“大変ご迷惑をおかけしました。今は深く反省しています”と書いてください」
弁護士のセリフをそのまま書き写す。
「“私は、あなたの財産を奪うという最も卑劣な行為をしました。この罪は、一生かけて償っていきます”で締めくくって下さい」
弁護士の指示通り書いた後、オレは大きなため息をついた。


「これで裁判官の心証は良くなるはずです。まあ、無罪になるようなことはないでしょうけどね」
「弁護士さん。ちょっといいですか?」
「はい?どうしました?」
「どうしてこうなっちゃったんですか?僕は、もう何年も前から川の土手に捨ててあったボロボロの自転車に乗って家まで帰っただけなんです」
「うーーん。でもそれって窃盗ですよね?しかも通り魔的な」
「あ、いやそうですけど、自転車泥棒って捕まっても不起訴になるんじゃないですか?」
「必ず不起訴になるわけではないですよ。自転車泥棒だって立派な犯罪です。法改正で厳しくなったんです」
「犯罪」という言葉を面と向かって言われて、ドキッとした。ただ犯罪だとしても、オレは法律の専門家ではないので詳しいことは分からないが罪が重すぎる気がしてならない。
「じゃあこの謝罪文に出てくる“あなた”って誰ですか?持ち主不明の自転車ですよ?この謝罪文を誰に送るんですか?」
弁護士が一瞬困った顔をした。
「確かに被害者の特定は難しい。では、自転車を日本一愛している人に送ってはどうですか?」
「自転車を日本一愛してる人、ですか?」
弁護士はかばんの中からスポーツ新聞を取り出し、ガッツポーズをした屈強な男性の写真を指差した。キャプションには、競輪賞金王と書かれている。
「えっ?被害者は競輪の賞金王ってことですか?」
「はい、被害者は競輪の賞金王です。現段階で、たぶんこの人が日本一自転車を愛してるでしょう。被害者の代理をしてもらいましょう」
被害者の代理?
「あ、でも・・・いきなり謝罪の手紙を送って大丈夫ですかね?賞金王に被害者意識ありますかね?」
「大丈夫です。でも、謝罪文の文面は少し変える必要がありますね。手紙の書き出しは、“はじめまして。今シーズンの賞金王おめでとうございます!”に変えましょう」
それではただのファンレターになってしまうのでは?
「“この度、賞金王には大変ご迷惑をおかけしました。今は深く反省しています”と続けてください」
弁護士のセリフをそのまま書き写す。
「“私は、賞金王が愛している自転車を通り魔的に奪うという最も卑劣な行為をしました”と書いて下さい」
「“通り魔的な”の部分、さっきは無かったんですけどいりますかね?」
「細かいことは気にせずに!最後に、“この罪は、一生かけて償っていきます。来期も賞金王目指して頑張ってください”で締め括ってください」
仕方なく弁護士の言った言葉を書き写した。



拝啓 
はじめまして。今シーズンの賞金王おめでとうございます!この度、賞金王には大変ご迷惑をおかけしました。今は深く反省しています。賞金王が愛している自転車を通り魔的に奪うという最も卑劣な行為をしました。この罪は、一生かけて償っていきます。来期も賞金王目指して頑張ってください。


                                     敬具
 賞金王 様



オレはこの謝罪文を賞金王に送った。数週間後、賞金王から「応援ありがとうございます!」という内容の手紙が返ってきた。ただのファンレターだと思われたのだろう。ちょっと申し訳ない気持ちになった。

第一審で、実刑判決が下った。オレは、控訴する予定だ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス