1. トップページ
  2. いつも見に来てる?

てんとう虫さん

不思議な話怖い話恋の話がすきです。読むのはたくさん経験ありますが描くのはまだまだで精進中

性別 女性
将来の夢 ほんがよめる茶店
座右の銘 石の上にも3年

投稿済みの作品

0

いつも見に来てる?

13/02/17 コンテスト(テーマ):【 映画館 】 コメント:0件 てんとう虫 閲覧数:1296

この作品を評価する

映画好きな私。アクションにホラ−にアニメにと次々に見に来ている。でも最近少し怖いのだ。映画館で見る幾つくらいかな?20代後半から30代かな?同じ映画にきていていつもかち合う。よく見るなと考えていたけど必ずいるのて変。見に来てる人が目につく。恋じゃないよ。私が映画に来るのは気分だから誰かに言うわけでもないし。ブログやネットに載せてもいないしね。アメ−バ−のブログはしてるけどあとから書くのだ。好きな映画も楽しめずでそっと出て行こうとした。そんな私の肩につんつんと触れる手を感じがした。「うん?」と暗がりながらも問題の男がいた。「あの・・。」こちらには非はないのだと凝視する。「なんですか?・・・」声が固いのはしょうがない怖いのだから。「良くいつも会いますね。偶然ですね。」とこちらも困惑していた。そりゃそうだよね・・。3度までなら笑えるけどこれで5回は多すぎる。と両方が不思議顔になる。あの良ければジュ‐スでも飲みませんかと緑のランプの出口をさしてくる。う-ん好奇心がむくむくと湧いたな私はとっさに頷いた。「私も聞きたいし。」男の後ろについてゆく。映画を見ていた近くの人はちらりとみてきた。映画を見る参考にしているのは?「新聞とかテレビです。「へえ「」と話しながら探り合う。「映画の情報は何からですか」と聞くとこれが怪しい。「「東海ウォ−カ」」と声が重なり合う。お互い顔を合わせて笑い出してしまう。「同じもの見てるから来るのも似て当たり前ですね。」似たもの同士だと分る。「なんだ・・。じゃあ好みが同じだけでくる日も遭うなんてすごい奇遇ですね。」女友達でも無理してつき合せたりしてるのに。と嬉しくなる。「確かに。理由がわかったんだから続き見てきませんか?」「ほんとだ。もったいない・・。」と2人で立ち上がる。「よければならんで・・「いいですよ。あとからおしゃべりしましょうよ。」と肯定する。私にはいい映画友達ができた。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン