1. トップページ
  2. おじさんの勝手な話

きのみさん

絵を描いています。抽象画が好きです。 以前から文字や文章にも興味があり、 この度投稿いたしました。

性別 女性
将来の夢 趣味がじわじわ仕事に繋がること。
座右の銘

投稿済みの作品

1

おじさんの勝手な話

18/06/20 コンテスト(テーマ):第1回 時空モノガタリ短編文学賞 コメント:0件 きのみ 閲覧数:128

この作品を評価する

「人生なんて嘘みたいな事ばかりでできている。
そういうもんだ。」

そうなのか。
嘘みたいなことばかりとは、
一体どういうことなのだろう。
本当はあるのか。
というか本当ってなんだろう。

うーん、よくわからない。
よくわからないけれど、
そう言っているのだから、
きっとそういうことなのだろう。

信じる根拠は特にないのだけれど、
何となく衝動に駆られたので
ちょっと信じてみることにする。

「全ての事が当たり前に起こったら、そんなに恐ろしいことはないぞ。
退屈で死ぬからな」

うーん、わかるような。
わからないような。
取り敢えず言えるのは
退屈で死ぬのはちょっとどうかな、
と思うくらいだ。

「よくわからないくらいがちょうどいい。
よくわからないから、なんとかわかろうと色々もがくのが楽しいんじゃないか。
ま、なにをやっても結局わかることはないんだがな。」

???

「ははは。楽しいより優先したいことがあるか?
もしあったとして、それは楽しいより優先しないといけないことなのか?」

「遭遇する事のほとんどは、自分が思っているよりも、もっとずっとシンプルだ。」

と言って去っていった。
あのおじさんは、一体誰だったのだろうか。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン