1. トップページ
  2. みーんなゴミ

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

1

みーんなゴミ

18/04/28 コンテスト(テーマ):第155回 時空モノガタリ文学賞 【 ゴミ 】 コメント:0件 光石七 閲覧数:211

この作品を評価する


今日、同じクラスのアクタ君がゴミ置き場に捨てられてた。
ゴミ袋の口から頭だけ出して、わんわん泣いてた。
「ゴミのくせに、うっさいなあ」
ぼくはアクタ君をけとばした。
だって、アクタ君はクラスのゴミだもん。
ぼくらのクラスが球技大会やリレーでビリだったのは、アクタ君のせいだもん。
アクタ君はトロくて、いつもみんなをイライラさせる。
よかった、これでクラスのゴミがいなくなる。
ぼくはもう一度アクタ君をけっとばした。


今日は隣のクラスのチリコちゃんが捨てられてた。
ゴミ袋の口から頭だけ出して、しくしく泣いてた。
チリコちゃんのママは有名なピアニストなんだって。
チリコちゃんにも立派なピアニストになってほしかったんだって。
でも、チリコちゃんは事故で手が動かなくなっちゃった。
ピアノを弾けない子はいらないって、捨てられちゃったんだって。
そんな理由でゴミになることもあるんだね。


今日は五年生の担任のクズノ先生が捨てられてた。
ゴミ袋の口から頭だけ出して、ニタニタ笑ってた。
クズノ先生の授業にはキケンシソウが混じってるって、苦情が来たんだって。
教育者としてフテキニンなんだって。
「何が正しいのか、いずれはっきりするさ」
クズノ先生の言うことはよくわかんないけど、
先生でもゴミになることがあるんだね。


今日、ぼくは捨てられた。
ゴミ袋に押し込まれて、
顔を出したら首のところで袋の口を結ばれた。
そのままゴミ置き場に運ばれて、
ポイッと捨てられた。
――なんで? どうして?
ぼくはゴミじゃない。
僕は泣いた。
泣いて、泣いて、泣いて、泣いて……。
どんなに泣いても、誰も助けてくれない。
ぼくはゴミじゃない。
絶対ゴミなんかじゃないのに。
――ああ、そっか。ぼくじゃなくて、他のみんながゴミなんだ。
みんな、みーんなゴミなんだ。
ぼくは泣くのをやめた。
捨てられたんじゃない、ぼくがみんなを捨ててやるんだ。
目の前をゴミたちが何人も通り過ぎていく。
ゴミ収集車がこっちに近づいてきた。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン