1. トップページ
  2. 卒業式

斎藤緋七(さいとうひな)さん

http://slib.net/a/23194/

性別 女性
将来の夢 食べても太らない身体になること。
座右の銘 コンタクトです。

投稿済みの作品

1

卒業式

18/04/05 コンテスト(テーマ):第155回 時空モノガタリ文学賞 【 ゴミ 】 コメント:0件 斎藤緋七(さいとうひな) 閲覧数:261

この作品を評価する

パパ。
そんなに私とママの事が嫌いですか?
「PTA」って不倫相手を見つける新しい出会いの場なの?
パパ、瞬くんの事、
もう私より可愛いのね。
私は瞬くんに負けたの、
そして、ママは瞬君のママに負けたの。
私の渚っていう名前、
パパがつけてくれたんだよね。
相原って言う名字、
私とママはね、まだ使ってるの。
ママはね、
結婚前の名前だった「小林」に戻りたいって、今もしょっちゅう言っているんだよ。
おじいちゃんもおばあちゃんも、
「そうしなさい」って言ってる。
私「小林渚は嫌なの。」
パパの事、忘れない為にずっと「相原渚」でいたいって、実は、家の中で私一人が頑張ってるんだ。
「相原渚」って名前ね、
結構気にいっているの。
でも、「山下瞬」だった瞬君も今は、
「相原瞬になっちゃった。
同じクラスに「相原」が二人いて、それが結構ややこしいの。
ややこしいクラスにね、
したのはパパと瞬くんのママなんだよ?

パパ、瞬くんには「お父さん」って呼ばせてるって聞いたことがある。
それ聞いて、私は、ちょっと嬉しかったんだ。
パパのこと「パパ」って呼ぶのは私だけなんだって思って、
すごくすごく、嬉しかったんだ。

後ね、あれ、ショックだったよ。
「瞬君のママ」のお腹にパパの赤ちゃんがいてね、
瞬君と渚が小学校を卒業する少し前に生まれるって、噂。
噂じゃなくて本当の事だったけどね。
パパ、私ね、噂じゃなくてパパの口からその事を聞きたかった。
2月に生まれた「弟」に私、まだあったことないな。
それとも、一生、
あわせてもらえないのかな?
パパ、赤ちゃんにも私にも罪はないんだよ。
パパ、パパがうちを出て行ったのは、
去年の12月だったね。
パパのこと「年末の粗大ごみ」みたいな男だ。
「鬼畜だ」って皆が言うの。
「粗大ごみ」は分かるけど、「鬼畜」ってどういう意味なの?

パパ、覚えてる?
秋の運動会の親子騎馬戦、パパは瞬君じゃなくて、
私を肩に乗せてくれたの。
あの時は、私、嬉しかったあ。
瞬君のお母さんは「ミコンノハハ」で、
お父さんがいないから瞬くんを肩に乗せたのは体育の先生だった。
パパ、渚は本当に嬉しかったんだよ。

ねえ、パパ。いつか渚も「弟」をダッコさせてもらえる日が来るのかな。

あっという間に「相原渚」と「相原瞬」が小学校を卒業する日が来たの。
「瞬君」は私が行きたかった私学に進むから、もう、私は「相原瞬」と顔を合わせないで済むの。
私もその中学校に行きたくて2年生から塾に通っていたけど、パパとママが離婚したから「公立」に行くことになったの。
ママがね、ママ一人では、「私学は経済的に到底無理」だって。
「仕方ないよ」って渚が言ったら、
「ごめんなさい、渚」ってママが泣いてた。
パパ。
私、これは自慢なんだけど、パパとママの離婚の事で泣いたことは一度もないの。
瞬君のママの事も、瞬君の事も、赤ちゃんの事も、私立中学校の事も、全部、
泣かないで受け止めて来たの。
でも、今日だけはごめんなさい、
だめだった。
ママに買ったもらったかわいい服を着て私は小学校を卒業するの。
卒業生の入場は名前順だから、「相原瞬」と、「相原渚」は先頭だったの。
パパ、嬉しそうに大声上げていたよね。
「瞬!卒業、おめでとう!」って。
パパ、渚、ワンワンワンワン泣いちゃった。
パパが渚の名前も呼んでくれなかったから。
皆、パパのこと悪口言ってた、「あの男は鬼畜」だって。
「燃える粗大ごみ」だって。
そんな風に言われてるんだよ。
渚は、「パパの事ごみなんて言わないで」って、いつも怒るの。
ごめんね、パパ。
ワンワン、泣くのを抑えられなくて、
私、今日だけはパパの事、
庇いきれなかった。             


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン