1. トップページ
  2. 黒い救急車

斎藤緋七(さいとうひな)さん

http://slib.net/a/23194/

性別 女性
将来の夢 食べても太らない身体になること。
座右の銘 左右の眼はコンタクトです。

投稿済みの作品

1

黒い救急車

18/03/07 コンテスト(テーマ):第154回 時空モノガタリ文学賞 【 復讐 】 コメント:0件 斎藤緋七(さいとうひな) 閲覧数:244

この作品を評価する

紙子は子供の頃から一人、家の中で浮いていた子供だった。
仲の悪い両親と両親に取り入るのがうまく要領のいい妹。
紙子は家族にどうしても馴染めなかった。
それだけではない、
紙子だけが両親から虐待を受けて育っていた。
妹は見てみぬふり。
なのに大人になった今、
雑用や面倒なことは全部紙子にまわってくる。

月日は流れ、父も母もいっそう年を取り、母は脳梗塞で半身不随の生活だった。
「ざまあみろ。」
世界中に言ってまわりたいほど嬉しかったが心の中で、ガッツポーズをした。
妹の翠子は2駅離れた場所で一人暮らしをしていた。
「翠ちゃんは、簡単には休めないのよ。」
母の口癖。
両親の細々とした世話はいつの間にか紙子の仕事に決まってしまっていた。
「理不尽だわ。」
紙子は母に言った事がある。
「パパやママは私より翠ちゃんの方が可愛いって、いつも言っているよね。
だったら、定期検診について行くのとか、
翠ちゃんにやってもらってくれない?
可愛くもない私が付き添うより余程いいでしょ。」
「翠ちゃんは毎月家に1万5000円、
お金を入れてくれているでしょう。
あんたは、収入が少ないんだから1万5000円家に入れることは出来ないでしょう。
そのかわり、パパやママの為に働くのはあたり前なのよ。」
この屁理屈に紙子は愕然としてしまった。
この母とは二度と口を利くまい。
紙子なりに腹が立ち、父に言いつけてやった。当然母は父に叱られた訳だが次の日から紙子と目があうと、ぷい、と『知らん顔』をするようになった。
子供みたいな女だわ。
紙子は母に関しては諦め顔を合わせても挨拶もしないことに決めた。

父もまた異常な男だった。
看護士になった翠子が一番の自慢らしく口を開けば
「翠ちゃん、翠ちゃん。」
だった。
ある時、
「パパがこれから低血糖で救急車で運ばれる!」
母から電話があった。
家族の同乗者が必要だから、
「翠ちゃんは仕事休めないの!
だから、紙ちゃんが救急車に一緒に乗って、
病院に行って!
ママが乗ろうとしたけどダメだって言われたから。」

「都合のいい時だけ頼ってくるな。」

あんなに言ったのにまったく分かってない。
仕方なく紙子は仕事を休み同乗した。
救急車に運ばれたときは、
「紙ちゃん、ありがとうな。」
としおらしかった父だがしばらくすると元のとんでもないじーさんに戻った。

「紙子が来たら必ず金や物がなくなる。」

紙子は心配して様子を見に行っているだけなのに、
見に覚えのない文句をつけられ。
さすがに紙子のハラワタは煮えくり返っていた。
「お前が来たら必ず物が無くなる。」
「ちなみに今は何を捜しているところなの?」
「老眼鏡だ。」
「老眼鏡?それじゃないの?その頭に掛けてるメガネ。」
老眼鏡は父の頭の上にあった。
「これはたまたま、ワシの勘違いだったが、
とにかく、金や物が無くなる。
お前には昔から窃盗癖があるからな。」
紙子は呆れて物も言えなかった。
「うん、だったらね。
もうこの家に出入りするのはやめる。」
「かまわんよ。
手癖の悪い娘に出入りされると、こっちが困る。」
「縁を切るわ。
今度、低血糖で救急車に乗るときは一人で乗ってね。
ママはあんな身体だから同乗は無理だし。
翠子に乗ってもらったら?
翠子が親より仕事を優先させたらの話だけどね。」
顔色が変わった。

「親を見殺しにするのか?」

家に帰ると、
父から何回も電話が掛かってきたが出なかった。
見殺し、これが私に出来る精一杯の復讐。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン