1. トップページ
  2. 復讐代行屋

蒼樹里緒さん

https://twitter.com/ao_rio まったり創作活動中です。 コメント・評価等、本当にありがとうございます。個別返信は差し控えますが、とても励みになります。

性別 女性
将来の夢
座右の銘 備えあれば患いなし

投稿済みの作品

1

復讐代行屋

18/03/05 コンテスト(テーマ):第154回 時空モノガタリ文学賞 【 復讐 】 コメント:0件 蒼樹里緒 閲覧数:160

この作品を評価する

 どうもー、社長。お世話になってます、『復讐代行屋』でーす。このたびもご贔屓いただき誠にありがとうございます、なんつって。
 例のニュース、もうご覧になりました? そうそう、五十二歳男性が目覚まし時計型の時限爆弾によって自宅で死亡、ってやつです。今回も見事成功したでしょ。さすが俺、天才。
 学生の頃に社長をいじめてたっていう連中、これで全員始末できましたよね? おめでとうございます! 社長の長年の悲願も、ついに叶いましたね。
 え、今回の報酬に特別ボーナス上乗せ? いやいや、とんでもないですよ。俺はいつも通りにやることやっただけですから。つーかね、ぶっちゃけもうどうでもいいんです、金とか。
 それより、社長にとっておきのプレゼントをご用意したんですよ。今までご依頼いただいた、ささやかなお礼として。社長も気になってるんじゃないですか? さっきからおまえの後ろでうーうー泣いてるのは何だ、って。
 ――ははっ。はいはい、すいません。もったいぶらないで教えますよ。
 ほら、社長ご自慢のお嬢さんが四人いらっしゃるでしょ? その末っ子ちゃんにね、ちょっとお越しいただいてるんですよ。
 俺、今日は珍しく眼鏡かけてスーツなんか着てるんですけどね。前にお願いして作っていただいた、偽造社員証を見せて、
「社長が急に倒れたからご家族に連絡してる。一緒に病院に行こう」
 って高校の近くで声かけたら、素直に心配して車に乗ってくれましたよ。ほんといい子ですよねー。
 今は目隠しと猿ぐつわをして、椅子に縛りつけさせてもらってまーす。
 ――あれあれ、どうしたんですか。声が震えてますよ、社長。
 娘に何をする気だ? まあまあ、焦らない。お楽しみはこれからですよ。
 あ、一一〇番通報なんてしませんよね? 県内の有名企業ですし、世間体もありますもんね?
 社長はとっくの昔にお忘れかもしれませんけど、十年前の今日、女子高生が海に飛び込み自殺した事件があったんですよね。中年の野郎に強姦された過去とか傷とかに耐え切れなくなった、ってのが動機で。その子、俺の妹なんですよ。
 ――は? またまたー、知らんふりちゃって。御社がスポンサーやってた競泳の地区大会が終わったあと、試合帰りの妹を人気のない路地裏に引きずり込んでヤッたのは、あんたでしょ。
 家で大泣きした妹はね、ちゃーんと見てたんですよ。あんたの立派なスーツの襟首に、スポンサーと同じロゴが刺繍されてたのを。まさか強姦魔が一企業の重役だとは思いませんでしたけどねー。おかげさまで、情報をつかむのにも苦労しましたよ、マジで。
 ま、あの婦女暴行事件は物的証拠もないし、そろそろ時効になるだろうし、あんたを今さら告訴とかする気はないですよ。けど、俺はずーっとこのチャンスを待ってたんです。どうにかしてあんたに近づいて信用させて、復讐できる日をね。
 死んだ妹は、あの頃ちょうどこの末っ子ちゃんと同い年でしてね。末っ子ちゃんを見てたら、やっぱかわいいなって思うんですよ。妹も生きてたら、今頃はこの子みたいに友達と楽しく笑い合って、高校生活を満喫してたんだろうなって。妹は、学校じゃ結構男子にモテてたらしいですからね。俺もかなりのイケメンっしょ? なんつって。
 おっと、話が逸れた。で、プレゼントの件なんですけど。俺は、あんたみたいに末っ子ちゃんを犯したりしません。その代わり、できるだけ時間をかけてゆっくり死んでいってもらおうと思いまーす。俺が妹の復讐のことだけを考えて生きてきた十年分ってことで。
 とりあえず、猿ぐつわは外しましょうか。ただの太い手拭いなんですけどね。大事なお嬢さんの声、社長も聴きたいですよね?
「パパ、助けてー!」
 はははっ。予想通りの言葉ですね。うん、声もかわいい。
 ごめんなー、きみのパパは来ないんだ。きみはこれから死ぬんだし。思い出として、声をパパにたくさん聴かせてあげてくれ。今日が親子で話す最後の日になるからね。
 ――そうだなー、痛いよね。血も出てるね。耳たぶとか首筋とか噛まれるの、怖いよねー。けど、きみのパパも俺の大事な妹に同じことをしてたんだよ。俺もパパからのお願いで、パパの嫌いな奴らを殺しまくってすげえお世話になったから、そのご立派なパパのしたことはぜひ見習わないと。
 学校の制服も、邪魔だから脱ごうか。――あ、ごめん、手が滑った。きれいな肌までサバイバルナイフで切っちまった、こりゃうっかり。
 は? やめろ、赦してくれ? 社長、何言ってるんですか。せっかくのプレゼントなのに、やめるわけないでしょ。
 それより、俺って実況のセンスもイケてると思いません? このまま三人で盛り上げていきましょうよ。

 俺の命と人生を懸けた復讐ショー、最後までどうぞごゆっくりお楽しみくださいね、社長。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン