1. トップページ
  2. 水曜日の凶行(140文字小説)

戸松有葉さん

ショートショート:小説投稿サイト「小説家になろう」で1001作以上、本サイト「時空モノガタリ」で入賞複数。 他、長編ライトノベルやエッセイなども。コメディ得意。 Amazon Kindle(電子書籍)http://amzn.to/1Xau7kMで活動中。(←URLは、Kindleストアを著者名「戸松有葉」で検索した結果。)代表作は『ショートショート集厳選集』とラノベの『二次元最高美少女』。 ツイッターは@tomatuariha3lb

性別
将来の夢 積極的安楽死法案
座右の銘 常識を疑え

投稿済みの作品

0

水曜日の凶行(140文字小説)

18/01/01 コンテスト(テーマ):第152回 時空モノガタリ文学賞 【 酒 】 コメント:0件 戸松有葉 閲覧数:86

この作品を評価する

 その連続通り魔の犯人は、予想通り水曜が定休日の者だった。事件はいつも水曜の日中に行われていたからだ。
 動機を問い詰めると、
「水曜日は休肝日なんですが、飲めないと思うとストレスが酷くて」
「もうそれなら飲んでくれたほうが」
「いえ、休日に飲むと飲み過ぎて、事件起こすから休肝日に」

(了)


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン