1. トップページ
  2. 投稿作品

風宮 雅俊さん

テーマに沿った物語を、どのくらいのレベルで書けるかな? と言う事で登録してみました。 アマゾンの電子書籍キンドルで作品出してます。こちらも宜しくお願いします。 ツイッター: @tw_kazamiya

性別 男性
将来の夢 世界一周の船旅で、船室に籠って小説を書く事
座右の銘

投稿済みの作品

2

投稿作品

17/12/04 コンテスト(テーマ):第150回 時空モノガタリ文学賞 【 悲劇 】 コメント:1件 風宮 雅俊 閲覧数:347

この作品を評価する

『メールを五件、受信しました』
 投稿サイトからのお知らせメールばかり五件だった。
「よし。今度の作品は本気出したよ。期日いっぱいまで練りに練って色が変わっちゃうほどに練ったからね。感動のあまりにコメントが沢山つくのは当たり前だよね」
 ダンスを踊る様にマウスを滑らせて、メールソフトを開く。
『コメントが投稿されました』
『コメントが投稿されました』
『コメントが投稿されました』
『コメントが投稿されました』
『コメントが投稿されました』
「ふふふふふふ・・・、読者諸氏もやっと理解できたようだね。まぁ今まではウオーミングアップだよ。『明日から本気出す』と言う連中とは違うのだよ。有言実行だな、本当にできる俺様はな」
 メールに記載されている直アドをクリックすると、予想通り最新作のページに飛んだ。

『 兼業作家の休日 テーマ「休日」 』
『 評価 0ポイント 』
『 コメント 5件 』

「おおおお、ホントに5件もコメントが付いている。夢のようだよ」
 画面をスクロールしていくと、コメントが付いている。

『作風が一変しましたね。まるで別人の作品を読んでいるかのようです』

 常連さんからのコメントが付いていた。
「ザリガニの脱皮とはわけが違う。蛹から蝶に変わる羽化の瞬間に立ち会えた事を光栄に思いたまえ。で、次のコメントは?」


『殆どコピペで投稿するなんて、どう言う神経しているんだ』
 これも常連さんからのコメントだ。
「コピペ? 当たり前だ。ワードで書いてからコピペで投稿するだろ? 違うのか! 一発勝負で直接書いているのか?」


『最低!』
 これも常連さんからのコメントだ。
「え? アダルトシーンもないし、暴力も、スプラッタもないのに・・・・」


『同じサイトから盗作してバレないと思えるその神経の図太さ羨ましいです』
 これも・・・・、常連さんからのコメント・・・・。
「ちょっと良い作品を書いたからって、嫉妬しなくても良いのに。盗作疑惑で有名な〇〇〇〇と一緒にされたくないな」


『私の作品がお手本になるなんて光栄です。でも、普通遣らないよね』
 これも常連さん、しかもほとんど入賞している人・・・・。
 テーマ「休日」で投稿された作品をスクロールして見ていくと、最初に投稿された作品に行きついた。


『 専業作家の休日 テーマ「休日」 』
『 評価 5ポイント 』
『 コメント 2件 』


 画面に映し出された文章は自分の作品と殆ど同じ内容だった。

「ほんとにオリジナルなんだ。誰か信じてくれ!!!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/12/05 霜月秋介

風宮 雅俊さま、拝読しました。
まれに先に書かれた方の掌編と話の内容が被ることはありますが、一字一句まったく同じだったのではどう弁解しても信じてもらえませんよね(笑)
ワードで書いてからコピペ。私もその手法でやっております。

ログイン