1. トップページ
  2. 完璧な彼…さようなら

土佐 千里さん

とさちさとです♪田舎でのんびり過ごしています^^

性別 女性
将来の夢 安定した老後をおくること
座右の銘 ありがとうという感謝の心

投稿済みの作品

0

完璧な彼…さようなら

17/10/29 コンテスト(テーマ):第146回 時空モノガタリ文学賞 【 デート 】 コメント:0件 土佐 千里 閲覧数:132

この作品を評価する

学生時代から付き合ってもうすぐ8年になる彼がいるにも関わらず、年下のチャラ男と付き合って半年…今、8年の彼と別れる理由を探している。
8年も続いている彼は、非の打ち所がない。
弁護士で、きちょうめん、真面目で裏表がない。
でも完璧すぎてだろうか、何か物足りない。今日のデートのときも、ビリヤード行って、喫茶店で話して、夕食を食べて終わり。
先月のデートのときは、映画をみて、カラオケをして、飲みに行って終わり。
なにか、刺激がほしかった。

そんなとき、年下の会社の後輩から、私にメールがきた。
「お疲れさまです。もし、よければ、今週のどこか都合のよい日はありますか?ちょっと相談にのってもらえたらと思い、一緒に飲みに行けたらうれしいです。お返事お待ちしてます!」
この後輩は、実は前から気になっていた。ノリもいいし、おもしろい、そして若くて何だか新鮮!!でも、だらしなくて、頼りなくて、実際、チャラ男なんだけれど…。母性本能くすぐられるというか、この人になら、何でもしてあげたいと思う。これが本当の愛っていうのかしら。気持ちも学生時代に戻った気分で若々しくいられそう…。
私はうれしくて、すぐに返事をし、翌日、チャラ男の後輩と飲みに行った。
チャラ男だけあって、口がうまい。
実際、相談や悩みなんかなかった。
私とデートしたかっただけらしい。
すっかり意気投合した二人は、それから会社の帰り、毎日のように外食したり、飲みに行くようになった。

それから半年の月日がたった今。
妊娠してしまった私。
チャラ男との妊娠だと分かっている。
チャラ男は妊娠に喜んでくれ、プロポーズもしてくれた。もう、チャラ男と結婚するのでよいと思う。これも運命よ。

しかし、8年付き合っていた完璧な彼に、どうやって別れを切り出そうか。今日は、弁護士の彼とデートの約束があったけれど。実際、仕事で忙しいと嘘をついて3ヶ月ぶりのデートだったけれど。
私はデートにいかず、メールをいれた。
「ごめんなさい。まだ仕事が終わらないの。私は仕事に生きたいし、あなたとはほとんど会えてない。もう、別れることに決めました。いままでありがとう。」
非の打ち所がない彼に、これしかかける言葉がなかった。会ってしまうと別れられないと思うから。卑怯かもしれないけれどごめんなさい。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン