1. トップページ
  2. 貧乏神がくれた財布

泡沫恋歌さん

泡沫恋歌(うたかた れんか)と申します。

性別 女性
将来の夢 いろいろ有りますが、声優ソムリエになりたいかも。
座右の銘 楽しんで創作をすること。

投稿済みの作品

2

貧乏神がくれた財布

17/10/23 コンテスト(テーマ):第145回 時空モノガタリ文学賞 【 財布 】 コメント:2件 泡沫恋歌 閲覧数:257

この作品を評価する

 当時、高校一年生だった私は部活帰りでお腹が空いていた。
 家に帰るまで、この空腹に耐えられそうもないので、コンビニでパンと飲み物を買うことにした。
「325円になります」
 コンビニの店員が金額を告げた。
 レジでお金を払う時、財布の中身を見たら、なんと5円玉が足りなかった。ポイントカードも忘れてきたし、仕方なく買ったものを返そうかと思っていたら……。
「ほい。5円玉」
 後ろから、誰かが5円払ってくれた。
「あ、すみません」
 振り向いて見たら、痩せて貧相なおじいさんが立っていた。
「あのう、5円いいんですか?」
「いいの、いいの」
 こんな貧乏くさいおじさんに、たった5円でも出して貰うのは気の毒に思えるが、本人が「いいの、いいの」というのでお言葉に甘えることにした。

 コンビニから出てきたら、さっきのおじさんが店の前に立っていた。
「さっきはありがとうございました」
 お礼を言って帰ろうとしたら、「お嬢ちゃん、ちょっと待ちなさい」と呼び止められた。
「5円は、明日ここでお返ししますから」
 ぼろぼろの服を着たおじいさんから、お金をもらうのはやっぱり気が引ける。
「いやいや、5円はお嬢ちゃんにあげる。それより小遣いに困ってるんじゃないかい?」
「そ、そうですが……?」
 いつも金欠だってこと、なんで知ってるんだろう?
 私の場合は部活やってるのでバイトできないし、親がケチだし、毎月お小遣いが足りなくて困っていたのだ。
「あんたにあげたいものがあるんじゃよ」
 おじいさんはポケットから、何かを取り出して私に手渡した。
 それは薄汚れた灰色の財布だった。真ん中に『貧』という文字が書いてあり、冗談かと思うくらい趣味の悪いがま口である。
「けっこうです!」
 私はおじいさんに財布を返して、その場から立ち去ろうとした。
「ちょっと待たれよ。この財布はただの財布ではない! 毎日お金を生みだす魔法の財布なのじゃ」
「はぁ? 嘘くさい」
「嘘は言わんよ。わしは神様だから、お金に困っている者を助けたいだけじゃ」
 神様って? こんな貧乏くさい神様なんかいるものか。もしかして妄想癖のあるおじいさんなのかしら。
「じゃあ、どんな神様なんですか?」
 私が質問すると、おじいさんはニヤリと笑って答えた。
「貧乏神じゃよ」
「えっ!?」
「この財布には一日千円の小銭を貯まる」
 私の手に財布を握らせると、おじいさんは目の前から、まるで煙のように消えてしまった。 
 
 まさか、貧乏神が財布をくれるなんて信じられない。
 だが、その財布には使っても使っても毎日千円分の小銭が入っていた。一日千円でも月にすれば3万円のお金が湧いてくるのだから有難い。ただ、難点といえば百円玉以下の硬貨ばかりということである。
 小銭ばかりだとかさ張って重いし、高価な買い物ができない、そこで私は考えた、まず銀行に小銭を持って行き「貯金します」と言って通帳に入金させると、その後、ATMで紙幣に替えてから使うことにしたのだ。
 貧乏神の財布のお陰で、私はリッチな学生生活を三年間送ることができた。ところがある日、財布の中に一枚の紙が入っていた、そこにはこう書かれてあった。

『貧乏神の財布をご利用ありがとうございます。
 限度額を超えましたので、これにてサービスを終了します。
 返済方法は、あなたの出世払いとさせていただきます。
 
                     − 貧乏神 − 』

 その日から、貧乏神の財布には一円の小銭も貯まらなくなった。いつの間にか、その財布すら消えてなくなっていた。
 
 貧乏神の財布が消えてしまった時には慌てたが、いつしか諦めて、大学に入ってからはバイトもした。そして大学を卒業して、会社に勤めて自分でお金を稼ぐようになった。
 すると……どうだろう? 私の財布から毎日小銭が消えていく――。
 千円札を崩すと、百円以下の硬貨が、いつの間にか財布からなくなってしまっている。財布を替えても、貯金箱に入れても、どうやっても小銭がなくなる。どんどん小銭が消えていけば、当然、私は貧乏になってしまう。
 働いても、働いても……私の財布にはお金が貯まらない。まるで貧乏神に魅入られたような……とういか貧乏神に祟られているのだ。あの時、コンビニで貧乏神から五円貰ったせいで、ご縁、いやくされ縁ができてしまったのかもしれない。
 出世払いというのは、自分でお金を稼ぎ出したら返済させるという意味だったのか。初めに甘い汁を吸わせて、後からじっくり搾りとる、なんと狡猾な方法なのだ。
 貧乏神の財布、あれが罠だったのだと気づいたが、もう手遅れだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/11/21 そらの珊瑚

泡沫恋歌さん、拝読しました。

貧乏神とのご縁が5円によって結ばれてしまったというわけですね。
やはり貧乏神というからにはその名前にたがわないお財布だった!納得です。(笑)

17/11/23 泡沫恋歌

そらの珊瑚 様、コメントありがとうございます。

ホント貧乏神とだけはご縁を結びたくないですよね。
しかも小銭しか貯まらない財布とか、いかにも貧乏神らしい。

ログイン