1. トップページ
  2. 僕が経済学もキライになった訳

葵 ひとみさん

「フーコー「短編小説」傑作選8」にて、 「聖女の微笑み」が出版社採用で、出版経験があります。 第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】最終選考を頂きました。 第116回 時空モノガタリ文学賞 【 裏切り 】最終選考を頂きました。 心からありがとうございます。 感想、心からお待ちしています^▽^ Twitter @Aoy_Hitomi

性別 男性
将来の夢 毎日を明るく楽しく穏やかにおくります。
座右の銘 白鳥の湖、努力ゆえの優雅さ――。

投稿済みの作品

0

僕が経済学もキライになった訳

17/08/28 コンテスト(テーマ):第141回 時空モノガタリ文学賞 【 黒板 】 コメント:0件 葵 ひとみ 閲覧数:259

この作品を評価する

 現代国語と英語の2科目の数千倍の高倍率の受験戦争を突破して、

晴れて僕は難関校の私立単科大学の経済学部の生徒となった……

まだ、日本が未曾有の危機に曝された地下鉄サリン事件も阪神淡路大震災もおこる以前の
御話である――


僕にとってはウキウキしながらの大学の経済学の初講義、
経済学の世界的権威である講師が教鞭に立つ……

そこでいきなり黒板の端から端まで、なにかのアルゴリズムではなかろーか!?という数式を講師が達筆に書いた。

講師、曰く

「この数式が理解できなければ経済は理解できません。」

ポカーンと僕は口を開けた……

 僕が経済学までキライになった訳である。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン