1. トップページ
  2. 漫才「クレーマー」

クナリさん

小説が出版されることになりました。 『黒手毬珈琲館に灯はともる 〜優しい雨と、オレンジ・カプチーノ〜』 マイナビ出版ファン文庫より、平成28年5月20日発売です(表紙:六七質 様)。 http://www.amazon.co.jp/dp/4839958211

性別
将来の夢 絵本作家
座右の銘 明日の自分がきっとがんばる。

投稿済みの作品

0

漫才「クレーマー」

17/08/14 コンテスト(テーマ):第142回 時空モノガタリ文学賞 【 上司 】 コメント:0件 クナリ 閲覧数:296

この作品を評価する

「客商売とかやってると怖いお客さんもいるから、頼れる上司っているといいよね」
 全くですね。
「じゃあ俺お客さんやるから」
 はいはい。
「オイ、どうなってんだよこのスーパーの接客は!」
 あいすみません!
「お前じゃ話にならねえよ。上司出せ上司」
 この店では私より上司はおりませんので。
「お前店長かよ! まあいいや、社員教育がもうひとつみたいだなあこの店は」
 はい、客層ももうひとつみたいですね。
「煽ってどうする! いいか、俺は今買い物してる客なんだぜ。売り場で目が合ったら頭の一つくらい下げたらどうなんだよ」
 すみません、すごく下の方から商品を引っ張り出してるお客さんだったので、人間性を見下げ果ててはいたんですが、頭まではちょっと下げられなくて。
「だから煽ってるじゃん! いいか、これはれっきとしたクレームだからな。なんで俺が今怒ってるのか、ちゃんと汲み取れよ」
 はい。おにぎり二個買っただけでお客様は神様扱いしてもらえてないことに怒り心頭というわけですよね。
「汲み取り方に見も蓋もないな! いいか、クレームは聞くことで、トータルでは店にプラスの影響があるんだからな」
 たかだか二百二十円のお買い物で、しかもお会計もまだなのにこんなにくそ益体もない時間を拘束されて、私の時間給的には完全にマイナスですけどね(笑)。
「攻撃的だな! あのな、マニュアルとかあんだろ。お客には常に丁寧に応対しろよ」
 やだなあ、こんな輩に丁寧に対応なんてしてたら、お客様よりその店員の方がよっぽど神様ですよ、アハハハ。
「輩って言った!? とにかく、なんか形で謝意を示せよ」
 といいますと、具体的にはどんな…。
「おっと、それは言えねえ。金品の要求なんてすると犯罪になっちまうってちゃんと知ってるんだぜ。だから俺はこう言うんだ、『あんたなりの形で詫びいれろや。あんたにまかせるぜ』ってな。これならあんたの自由意思になるからな」
 分かりました。では私の娘を差し上げます。
「そんなに気に病んでたの!?」
 お望み通り、妻ではなく奴隷として。
「お前ちょっとおかしいな! あと俺がそれを望んでたみたいなのやめて!?」
 お客様、見た目だけじゃなくて頭もヤバそうだったので、そのレベルに合わせたんですが。
「言いたいこと言うなお前! いいか、ちょっとまじめに考えた方がいいぜ。こちとらSNSで拡散したっていいんだからな」
 お客様、それは!
「やっちまったらもう俺の力でも止められねえからな。全世界に拡散したら、もうこの店はだめになっちまうかもなあ」
 それだけは、お客様それだけはおやめを!
「おう、ちょっとは態度ってものを分かってきたじゃねえか」
 そんなことしたら、せいぜい身内でしか話題が広がらずに収束して、お客様ごときの影響力の低さを再確認するだけですよ! そんな寂しいことおやめください!
「うるせえよ! ごときって言ったか今!?」
 その見た目と頭じゃ、影響力も好感度も低いでしょう?
「また言ったー!」
 ここじゃなんですから、続きは事務所でお聞きします。
「いやーここでいいよ。他のお客さんにも聞いてもらおうじゃねえか。そっちに落ち度がないって本当に思ってるなら、ここで堂々と俺の応対ができるよなあ?」
 かしこまりました。(大声で)おにぎり二個を棚のすごくすごーく下の方から頑張って無理矢理引っ張り出したのに神様扱いしてもらえなくて怒り心頭のお客様、こちらでしかるべき対応をさせていただいておりまーす!
「やめろ! 分かった分かった、事務所に行くよ!」
 はい、ではここが事務所です。
「おい、やっぱあんたじゃだめだな。あんたの上司出してくれや。本部長とかいるんだろ?」
 お客様、それは……。
「ああ、あんたの査定とかは下がるんだろうな。でもこっちは知ったこっちゃねえから。早く呼んでくれよ」
 しかし、お客様……。
「急に怖じ気づいちまったな。でももう許す気ねえから。ほら、呼べよ」
 お客様、お客様以外の人間はみんな忙しく働いていますので、暇なお客様ごときのために時間を割くのはちょっと。
「またごときって言っちゃった! あーもう絶対許さねえ! それスカイプだろ? 早くあんたの上司につなげよ」
 はい。つながりました。ああ本部長、
こちらのお客様がおにぎりをすごく下の方から掘り起こしてた暇クレーマーで。
「誰が暇クレーマーだ! おい、なにボソボソやってんだよ?」
 ねー。見た目ヤバいですよね。(笑い出して)そおうなんですよ、頭はもっとヤベーんですよアハハハハ!
「お前の上司も同じ系統かよ! どうなってんだよこの店!」
 (スカイプで)ねー、おにぎり喉に詰まらせて死んじゃえばいいのにねー(笑)。
「怖いよ! もういいよ!」
 ありがとうございましたー。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス