1. トップページ
  2. あるニャン事訴訟

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

5

あるニャン事訴訟

17/07/16 コンテスト(テーマ):第138回 時空モノガタリ文学賞 【 猫 】 コメント:9件 光石七 閲覧数:974

時空モノガタリからの選評

飼い猫からの「数々の肉体的・精神的苦痛」を訴える裁判。内容が具体的かつ詳細で面白かったです。光石さんは司法関係に詳しいのでしょうか、裁判の進行もなかなかリアリティがあり、その点も良かったと思います。「被害」の数々に共感します(ウチも猫と犬がいるので)。猫の本能的な迷惑行為に困りながらも、愛情を持って共に暮らす「私」(光石さん?)の日常が浮かび上がり、クスリと笑いながら読ませていただきました。ただ溺愛するというのではなく、どこか客観的な視点が感じられるところも良かったと思います。

時空モノガタリK

この作品を評価する

 右手の甲に痛みと赤い筋が走った。――このバカ猫! 鬱憤が爆発し、私は即座にニャン事訴訟を起こした。K島ニャン裁M出張所はその場で受理してくれ、夕方からの審理が決まった。

「平成二十九年(ニャ)第22号。原告 七石ヒカリ、被告 七石ちー」
 私は静かに原告席に座った。ちーはニャン護士に抱きかかえられ被告席へ。訴えられているのに呑気に欠伸、毛繕い。私が睨んでもどこ吹く風だ。ほどなく開廷が告げられた。
 私は訴えた。
「午前中被告に右手をひっかかれました。この傷です。今までも私は被告から数々の肉体的・精神的苦痛を受けてきました。物的損害も被っています。もう被告の横暴には我慢できません。百万ニャン円の損害賠償を請求します」
「どのような苦痛を被告から受けましたか?」
 裁判官が私に尋ねた。
「しばしばひっかかれたり爪を立てられたりしています」
「他には?」
「就寝中、毎晩のように被告に起こされ寝不足です。腕や足を噛んだり、寝ている体の上に乗ったりして無理矢理私を起こします。ひどい時は一時間とか三十分おきです。主に食事の要求なのですが、まだ皿の中にエサが残っていてもそれを確認しないのか、私を起こして激しく鳴いて催促するんです。眠いし疲れてるのに迷惑です。寝不足と疲労は仕事にも差し支えます」
 最近は連日の暑さで更にバテ気味だ。……あのアホ猫、被告席で熟睡とは。
「物的損害とはどのようなものですか?」
「被告のせいでわが家はボロボロです。障子とか柱とか……」
 予め私が提出していた証拠写真が法廷内のモニターに映し出された。
「見て下さい。障子は被告が日常的に爪をとぐせいで木枠に幾筋も溝ができ、ささくれだらけになっています。手に棘が刺さることもあり非常に危険です。障子紙も被告が爪を立てて飛びついたり破ったりでズタズタです。張り替えても数日中に被告が穴を開けてしまいます。柱もこのように傷だらけですし、最近ではこの写真のように畳で爪をとぐこともあります。ひどい有様です」
「爪とぎ板を用意すれば済む話では?」
 裁判官の言葉に私はムッとした。
「何度も買い与えました! でも使ってくれなかったんです! 高い爪とぎ板を買ってやっても見向きもせず、いっつも障子や柱で……!」
「原告、落ち着いて下さい。冷静に説明して下さい」
 感情的にさせたのは裁判官だ。だが、心証を悪くしないためにひとまず抑える。
「……無駄になった爪とぎ板の費用も賠償額に含んでいます。首輪代の累計も。黒猫なので暗闇でも居場所がわかるよう鈴付きの反射する首輪が必須なのですが、七年間で二十個近く失くされました。ひと月で四個失くされた時は痛い出費でした」
 私の主張は一通り終わった。続いて被告側の主張だ。ちーの代理人であるニャン護士が立ち上がった。
「原告が訴えた被害は全て事実であり、被告自身も否定はしないでしょう。ですが、賠償請求するほどのことでしょうか? 被告は猫です。原告の訴えは全て被告が猫の本能・習性にのっとった行動をした結果であり、基本的ニャン権の観点からも被告に非は無いと考えます」
 さすがはニャン護士、知識が豊富で弁も立つ。
「そもそも本日被告が原告をひっかいたのは、被告が大嫌いなお風呂に入れられ、被告にとって最大級の恐怖であるドライヤー攻撃をされたからです。これは正当防衛です。原告が被告の爪で度々傷つけられたのは、被告が何らかの恐怖や不快を感じたためと考えられます。被告の心情を考慮せず一方的に責めるのは間違っています」
「被告だって私の気持ちを無視してますが」
「原告、今は発言を慎んで下さい」
 口を挟んだら裁判官に注意された。……ちーが起きたようだ。
「今回の賠償請求が不当である理由はもう一つあります。日常の中で、原告は被告から苦痛以上に癒しを得ているからです」
 いやいや、あの黒猫は暑苦しいし、不愛想だし、うるさいし。心の中で反論する。ちーが一伸びして法廷内を歩き出す。注意されないのは猫だからか。
「肉球に猫耳、毛並みの手触り、温もり。何より被告の存在自体に原告は慰められているはずです」
 ハッとすると同時に、ふくらはぎにふわっとしたものが触れた。
「ちー……」
 ちーは何度も顔を私の足に擦り付ける。……そうだ、私はちーに救われてた。普段は気まぐれで我儘だけど、私が本当に辛い時、どん底の時、ちーは必ず傍にいてくれた。なんで忘れてたんだろう。私、暑さと疲れでどうかしてた……。
「すみません! もう裁判はいいです! 訴訟を取り下げます!」
 私はちーを抱き上げ、裁判官とニャン護士に頭を下げた。

 後で知ったことだが、ほとんどのニャン事訴訟は円満和解か訴訟取り下げで終わるらしい。
「やっぱり人間は猫には勝てないのかもね」
 ちーを撫でようとしたが、するりと逃げられた。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/08/01 むねすけ

まさに「惚れた方の負け」ですね
負けだとわかっていつつ幸せな日々、それでも時に反旗を翻したくなる。
だけどもやっぱり、負けて幸せ。
とっても楽しく読ませて頂きました。
猫に対する愛が全編に溢れています。

17/08/02 待井小雨

拝読させていただきました。
どんなに被害を受けても、やはり人間は猫には敵わないなぁ、としみじみ思いました。
だって可愛いし、癒されますものね。
光石さんが普段うけているであろう被害と癒しを想像して楽しくなりました。

17/08/03 光石七

>むねすけさん
コメントありがとうございます。
作中の被害は全て実話でして、他にもいくつかありまして、愛猫には本当に困っています(苦笑)
「訴えてやる!」と小説の中で訴訟を起こしてみました(笑)
でも、やはり可愛いし、癒されてるし、救われたのも事実。
愛猫にはそばにいてほしいし、元気に長生きしてほしいなと思います。
楽しんでいただけて何よりです。

>待井小雨さん
コメントありがとうございます。
愛猫に対する愚痴をそのまま並べただけですね(苦笑) 作中の被害は全部実話です(苦笑)
憎たらしく思う時もありますが、ニャン護士の指摘するように、苦痛や損害以上に癒しと慰めをたくさんもらっているわけで。
人間は猫には敵わない、これが全ての結論ですね(笑)
楽しんでいただけたなら幸いです。

17/08/05 浅月庵

光石七様
作品拝読させていただきました。

いやー、設定もユーモラスで上手いですし、
終始笑ってしまいました。
ちーは全然裁判内容を聞いていないのに、
勝手に話が進んでいく構成なのが面白かったです。

都合の良い時は擦り寄ってきて、
こちらが撫でようとすると逃げられる。
ラストの一文だけで、猫特有の自由奔放さが
現れていて、思わず唸ってしまいました。

17/08/09 光石七

>浅月庵さん
コメントありがとうございます。
悪さをする愛猫に「訴えてやるから!」とよく言うのですが、ついに小説の中で実現しました(笑)
実際の不満や愚痴を並べております(苦笑)
訴えられても猫はマイペース、話など聞いていないだろうなと。
ラストの一文をお褒めいただき、恐縮です。
不足な部分が多々ありますが、楽しんでいただけたようでうれしく思います。

17/08/15 滝沢朱音

「高い爪とぎ板を買ってやっても見向きもせず」、わかるわかる〜!
せっかく買ったものより、それが入っていたダンボールがお気に入りだったりしますよね。
ほかにも、どれをとってもにゃんこあるあるで笑ってしまいました。
ニャン情…いや、人情に訴えかけてくるニャン護士め〜!完敗です。
面白かった〜🐾にゃんこシリーズ、ごちそうさまでした🐾

17/08/15 光石七

>滝沢朱音さん
コメントありがとうございます。
値段の高いものだろうが苦労して手に入れたものだろうが猫はお構いなし、要は気分と好みなんですよね(苦笑)
愛猫への実際の愚痴を並べたのですが(苦笑)、皆さん大なり小なり同様の被害は受けられているようで、共感していただけてうれしく思います。
しかし、どんなに被害を受けても、憎たらしく思う時があっても、やはり猫には勝てないようで…… 結局はかわいいし大切、この点も皆さんに共感していただけたのかなと思います。
面白かったとのお言葉、うれしいです。

17/08/21 冬垣ひなた

光石七さん、拝読しました。

入賞おめでとうございます!猫を飼う身としては、お気持ちお察しします。あるあるすぎる話で……うちも柱はボロボロ、この間買ったばかりのソファでも爪とぎされました(苦笑)。でも裁判したら負けます、やっぱり猫からは癒しや活力を貰っていますから。裁判の描写が上手くて凄いなと思いました。ユーモアと温かさあふれる素敵なお話でした。

17/08/27 光石七

>冬垣ひなたさん
コメントありがとうございます。
ホント、「そこでやらないで〜」って場所で爪をといでくれますね(苦笑)
でも、何をされても最後は結局許しちゃうというか、猫には勝てないですね。可愛いし、癒されるし、大切ですから。
裁判の様子は、テレビドラマを参考にしました。実際の裁判は、事前に書面をやりとりするため、「書面の通りです」で終わることも多いようで、それでは話を進めにくいなと思ったので。
楽しんでいただけたなら幸いです。

ログイン