蹴沢缶九郎さん

どうもはじめまして、蹴沢缶九郎と申します。暇つぶしに読んで頂ければ幸いです。「小説家になろう」でも同ニックネームで掌編小説を書いてます。http://mypage.syosetu.com/707565/ よろしくお願いします!!

性別 男性
将来の夢
座右の銘 明日は明日の風が吹く

投稿済みの作品

0

パム

17/05/24 コンテスト(テーマ):第136回 時空モノガタリ文学賞 【 音楽 】 コメント:0件 蹴沢缶九郎 閲覧数:153

この作品を評価する

新しい楽器を作った男がいた。その楽器はクラリネットのような管楽器や、ギターのような弦楽器ではなく、また、ドラムのような打楽器や、ピアノのような鍵盤楽器とも違う、今までにない全く新しい楽器と言えた。

男は楽器にパムと名付けた。もっとも男からすれば、楽器の名前などは何でもよく、「ないと呼ぶ時に困る」から付けた、その程度のものであり、重要なのは楽器の音の方にあった。
パムの不思議な音色は、それまでの既存の楽器では到底出す事の出来ない、人の心を魅了する素晴らしい音色だった。

そんなパムの噂は瞬く間に国中に広まり、パムの音色を是非一度聴いてみたいという人々の為、お披露目を兼ねた演奏会が開催される事となった。

当日、パムの傍らに立つ男は舞台上から集まった聴衆に言った。

「どうも皆さん、本日はようこそお越し下さいました。これから皆さんを、今までに聴いた事のない、パムの奏でる素晴らしい音の世界にご招待致します。それは、必ず皆さんが満足する音の世界です…」

自信に満ちた男の言葉に、聴衆は一体どんな音なのかと期待する。男はパムに向き直り、演奏の体勢に入った。

「それでは、お聴き下さい。せ〜の…」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス