1. トップページ
  2. かわしま

スパ郎さん

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

かわしま

17/03/31 コンテスト(テーマ):第131回 時空モノガタリ文学賞 【 電車 】 コメント:2件 スパ郎 閲覧数:233

この作品を評価する

移動手段が殆ど車の俺が電車に乗るのは2,3年に一度くらいで今日はその2,3年に一度のその日だ。
俺はどうも電車が苦手だ、何が苦手って席につくと向かい側に人がいるからだ別に対人恐怖症とかそういう類ではないが向かい側に人がいるとついついチラチラと見てしまうのである悪い癖なのだ、見ないように意識して目を閉じたりするがどうも向かい側に人がいるって考えるだけで落ち着かない。 それなら立って窓の外でも見ていればいいって?勘弁してくれ慣れない電車移動で疲れているんだ・・・それに今日は2,3年に一度の事をしたんだ、帰りは座って休みたい。          

チラッ やはり気になってしまう向かいの席の他人

「あれ・・・?」  
チラチラ見るとかそういうレベルでは済まなくなった向かいの席の他人をじっと見ておもわず声を出してしまった。
声に気づいた向かいの席の男は手にしていたスマホから目線をこちらに向けると少し驚いた様子で眼をパチっと明け口をゆっくりパクパクさせた。 間違いない彼は・・・
「あっ・・・あの・・・?川島だよね?」
そう、彼は中学の時の友達 川島 あのクリクリした目、天然パーマ、そしてなにより、顎にあるでかい黒子。
まだ驚いた様子の川島は固まった表情のまま首を縦に小刻みに揺らした
「おーーー久しぶりじゃん!川島ぁ!中学卒業以来か?って事は〜」
嬉しさのあまり俺は向かいの席の川島に対してついつい声が大きくなってしまい他の乗客の注目を一斉に浴びてしまった。
顔を赤くしながら俺はコソコソと川島の隣へ移動した 
「なんだよ〜急に あれ?っとかいうから最初誰かと思ったよ〜うわぁすげぇ久しぶり・・・お前、ふけたな〜」
川島だ、川島だ!笑う時に片手で口ではなく目を覆ってる!川島だ!
「人の事言えるかっての!お前はあいかわらず天パだなぁ〜」  
約18年ぶりの再会、ゲラゲラと二人で笑いあう姿は向かいの窓ガラス越しでみると本当に二人とも老けたが素直に嬉しい。
「おい!おいっ!起きろって!ホラっ!」
川島は隣で腕を組みながら眠っていた男を揺さぶった・・・んっ?ん?ついたの?などと寝惚けながら起こされた男は俺を見た。
「ん・・・・あれ?嘘?・・・ええええ?久しぶり過ぎるじゃねぇか!」 
半開きだった男の眼は一瞬で全開になり俺に向かって握手を求めてきた。
「おう!久しぶりだな!いやぁまじで今日はびっくりだな〜」
差し出された手をガシッと強く握り返し大袈裟に川島の腹の前で腕をお互いぶんぶんと振った。

ヤバイ…こいつ誰だっけ…。
男は手を離すと再び腕を自分の胸の前で組みなおした。
「オッサンになったなぁ〜〜〜最初わからなかったよ!」 
俺は今でもわからない、お前誰だよ。
「なんてな〜嘘だよ嘘!あんま変わらないなお前は!いや…ちょっとシブくなったんじゃねぇか?」
良いヤツだけどホント誰だよお前。
「だろ〜?よく言われるんだよシブくてカッコイイですね結婚してくださいってさ〜」
「騙されて調子に乗る所とか変わんね〜〜」
向かいの窓にはゲラゲラと笑う3人、おい右端…お前は誰なんだよ…しかし次の瞬間、俺の記憶がついに蘇った。
「関根…」 
「えっ?関根?」
その言葉を聞いた瞬間に川島はまたハハハッと大袈裟に腹を押さえるジェスチャーをつけて笑った。
「関根な〜〜卒業式で壇上でズボン脱げてな〜〜〜あいつ今、何してるんだろな〜〜」
向かいの窓にはまたゲラゲラと笑う3人の男、左端は顔が少し引きつってるようにも見えるし右端誰だ。
「そうだ電話番号教えてくれよ今度飲みにいこうぜ!」 
そう言った右端がズボンのポケットからスマホを取り出す…川島と右端に俺の電話番号を小声で告げるとすぐに俺のスマホが間を空けて2回ぶるると震えた 
「繋がったよな?ちゃんと登録しろよ〜絶対に誘うからなぁ」
「わかってるよ!お前がどれだけ大人になったか楽しみだぜ〜」
右端が嬉しそうに笑うが登録できねぇよ。名前なんだよ
俺の降りる駅から3つ前の駅で川島と右端は立ち上がった。
「俺らはここだから、俺と山本は結構一緒にいる事多いからさどっちかに連絡くれればいつでも3人で飲みに行けると思うからさ!じゃあな太田〜」
「おっ!!おう!!誘ったら絶対付き合えよな〜!またな!川島、山本!」
電車のドアはプシューっと閉まった。
そうだ…山本だよ…自転車のハンドルがやたら高い位置の山本だよ、英字新聞がプリントされたシャツにズボンのポケットからチェーンをジャラジャラと何個もぶら下げてた山本だよ…。鮮明に思い出したよ…懐かしいなぁ
たまには…電車もいいものだな。
俺は向かいの窓に映るのオッサンをチラっと見た後に下を向きフッと笑った。

ちなみに俺の名前は 吉田です。 



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/04/01 家永真早

オチが…切ないですね!
面白いです。

17/04/01 スパ郎

家永真早さん コメントありがとうございます、コメントを頂く事が初めてでとても嬉しいです。
文章を書くことに不慣れなもので読み辛い点などもあったと思いますが「面白い」と仰って頂いて本当に感謝致します。
最後まで読んでいただき有難う御座いました。

ログイン
アドセンス