1. トップページ
  2. 銀河、大爆発

どようびさん

おかしな物語を書きます。

性別 男性
将来の夢 小説家
座右の銘 粒々辛苦

投稿済みの作品

0

銀河、大爆発

17/03/20 コンテスト(テーマ):第131回 時空モノガタリ文学賞 【 電車 】 コメント:0件 どようび 閲覧数:190

この作品を評価する

 一つ歯車が狂うと運命は連続的にあらぬ方向へ向かってしまう。例えば『電車で絶対女性が隣に座らない』という運命を持った男がここにいる。もし女子高生でも隣に座ろうものならそれは銀河が爆発するほどの運命の狂いだ。
 だから男は電車では絶対に席に座らないと決めていた。銀河が爆発してはいけないと。
 電車が駅に着き一人女性が乗車する。女学生で、男は読んでいる本で視界を覆った。男は学生が苦手であった。嫌な目で見られるからだ。相手からの嫌悪には同じものを抱いてしまう。男は反作用のように彼らを嫌い、怖がってもいた。自分を否定されるのは嫌だ。
 男は不意に朝からのモヤモヤに襲われた。何か忘れている気がする。朝、母の容体が悪くなり、自分が何かを忘れていることによる運命の狂いだろうと男は考えていた。運命が崩れたままではいけないと男は焦っていた。
 少しして男は違和感に気付く。
 先程の女学生が立っているのだ。
 男は二つ考えた。
 まず、降りる駅がすぐで座らないという可能性。そして、女が男と同じような考えを持っているという可能性。それなら珍しい人材だと、男は声を掛けた。
「あの、少しよろしいでしょうか?」
「……え、私……です、よね…。何でしょう」
 女が怪訝そうに返事する。
「どうして席に座らないのかなって。ほらいっぱい席空いてるじゃないですか」
「え、それは貴方もですよね?」
「それはそうなんですが…他の方はどういう理由で立っているのかなと。因みに僕は銀河が爆発するといけないからです」
「訳分からないですね」
「よく言われます。それで貴方は?」
「私は」
 女が考える。
「私は、注目される為です。私って容姿が整っていてスタイルも抜群で、頭も良いから昔から注目浴びまくりなんですよ。それが少しでも注目の的から外れると地軸がいがんじゃうんです。視線は重さですから、元あった重さが他に移ると地球のバランスが失われるんです」
「訳分かんないですね」
「よく言われます」
 男は女に根底にある物事の捉え方の類似性を感じた。故に少し語りすぎる。
「あの、じゃあ固焼きと麩菓子、どちらが丈夫だと思いますか?」
「は」
「僕は麩菓子だと思うんです。だって皆固焼きは割りにかかるけど麩菓子は丁寧に扱うじゃないですか。だから麩菓子の方が丈夫かと」
「はあ」
 自分の喜びを女と共有できていなかったと、男が気付く。女は苦い顔で、男は羞恥に襲われ隠れるように読書を再開した。
 それを見て女は少し不思議そうにした。
 少しして男は読書のノルマを終えた。運命の均衡の為のものだ。
「あの怒ってます?」
 女が言う。さっきの男の態度を反応が悪かった自分への怒気だと解釈したのだ。
「いえ、やっぱり女性とはそりが合わないなと。まあ滅多に会話もしませんが」
「滅多に会話もしないのにいきなり私に声を掛けてきたんですか?」
「まあ気紛れというか」
「ふーん。じゃあ誕生日っていつですか?」
「え…一月二十五日ですけど」
「ああ、道理で」
 女が独りで納得する。
「因みに私は四月十五日です」
「はあ」
 駅に着き女が降りる。
 少しして男が携帯のニュースのサイトを開く。すると何処かに隕石が落ちたとあり、久しく女学生と会話したことによる運命の歪みだろうと男は考えた。
 ふと、メールが来ていることに気付いた。
 父からで、母の容体が回復したとのことだった。それを見て男は安堵した。自分のモヤモヤのせいだと思っていたからである。
 運命とは奇異である。決められている筈が誰もがそれを変えることができ、更にそれが次の運命を決定する。他の運命の突然変異を誘発するのだ。それが珍しくプラスに働いた。
 男はそれに感謝した。

 翌日の朝男は電車内でいつもの占いサイトを確認しようとし、昨日のモヤモヤの正体がこのサイトの確認のし忘れであると気付いた。
 そして、昨日の女学生が誕生日を尋ねてきたのは恐らく自分の星座を知る為であったと男は考えた。昨日の男の運勢は『水瓶座のあなたはいつもと違う事をすれば良いことあるかも』で、この運命によって男が珍しく女学生に話しかけるという現象が起こったのだと女は予想したのだと、男は考えた。
 そしてそれが男の母の容体の回復に繋がり、女に声を掛けられたということが隕石の落下に繋がったのだ。男は気紛れで昨日の女学生、牡羊座の分も確認し携帯を仕舞った。
 ふと靴紐が解けているのを男は確認した。紐を結ぼうと男が屈むと電車が駅に着き大きく揺れた。転倒しかけるのを座席に座り込むことで回避し、すぐに立とうとして見覚えのある制服が男の視界に入った。
「あれ今日は座っても大丈夫なんですか?」
 昨日の女学生が男の隣に座る。
「あ」
「え」
『牡羊座のあなたはいつもと違うことをすれば良いことあるかも』
 どーん。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン
アドセンス