1. トップページ
  2. クリスマス空いてますか?

茉莉花さん

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

2

クリスマス空いてますか?

17/03/15 コンテスト(テーマ):第130回 時空モノガタリ文学賞 【 失敗 】 コメント:3件 茉莉花 閲覧数:449

この作品を評価する

 人はいつの頃から、インターネットやメールという便利なものを利用するようになったんだろう? 
もっとも口下手な僕は、この便利なツールのおかげで何とか人とのコミュニケーションをとることができている。
全く便利な時代になったもんだ。
欲しいもののほとんどがネットで注文すれば、翌日か翌々日には配達してくれる。
昨日は、ネットスーパーで米5sにコカ・コーラ、ちょっと風邪気味だったので風邪薬と、一押しスナックコーナーにあったお菓子、ポテトチップスのり塩とカラムーチョ ホットチリ味 パーティーサイズ……あと、送料無料になるようトイレットペーパー12ロールを注文。もうすぐ宅配ボックスに届くであろう。
宅配はもはやピザや蕎麦だけの時代ではなくなったのだ。
僕は天涯孤独の独身三十男。相棒はパソコン。
いつもパソコンに向かって仕事をする。金を稼がないと生きていけないから。
生活保護っていう手もあるが一応、ささやかながらプライドもあったりするもんだからそういう訳にはいかない。
だから仕事をして金を稼いでいる。
プログラマーかって? 僕がそんなに頭がいいはずがない。だったら、物書きかって?
いやいや、そんなに想像力豊かな人間でもない。国語の成績は悪かったし本も読まない。興味もない。
僕はしがないデイトレーダーなのだ。
とはいえ、一時期華々しく世の中をにぎわせた成金みたいなデイトレーダーではなく、細々と生活しているデイトレーダーなのだ。毎日毎日パソコンの画面とにらめっこして株の値動きを見るだけ。
それで金を稼ぐんだから楽ちんでいいじゃないか! と思うだろうがそんなに簡単なことではない。
なんたって僕は学がないのだから。
あるのはネットを駆使した『リサーチ力』とささやかな『カン』だけなのだ。だから冒険もしないし、地道なやり方で株の売買をしている。
1日一万円稼ぐのが目標。二十日間で二十万。アパート代が六万円、あとは生活費とわずかな貯金で消えていく。
こんな生活だから、僕はこの十年、ほとんど外に出ることもなく日々を過ごしている。
言っておくが、別に引きこもりというわけではない。ただ家にいるだけでほとんどの用事がすんでしまっているだけ……ただそれだけのこと。
唯一の趣味もネットチャットと、出会い系のネットサーフィン。あるときには男になったり、ある時には女を装ったり、様々な顔でチャットを楽しむ。
いわば、ネットの中の多重人格者だ。なりすましでバーチャル恋愛を楽しむのだ。
ところが、こんな僕にも心境の変化が起きた。出会いサイトで恋人ができてしまったのだ。
もっともバーチャルな恋人で、実際には会ったことはない。彼女の名前は サクライ カスミ。何と綺麗な名前だろう!
「サクライ カスミさん  カスミちゃん  カスミ」
僕は、パソコンの画面に向かって呟く。この1か月、夜十時から十二時まで決まって2時間、チャットを楽しんでいる。
彼女はそろそろ動画でチャットしたいと言い始めているが、僕は容貌に自信がないから先延ばしにしている。
しかし、万が一のために彼女の好みはしっかりリサーチ済み。
そんなある日、カスミちゃんからクリスマスのお誘いがきた。
もちろん、僕の予定はがら空きだ。僕は小躍りしながら返事を出した。
初めてのデート! どこに行けばいいのだろう?
こういう時こそインターネットを駆使しない手はない。
早速、検索サイトで『クリスマス デート おすすめスポット』と文字を打った。
出るわ出るわ……
クリスマス花火シンフォニア、キャンドルナイト、クリスマスイルミネーション……すっかり世の中に取り残されていた僕がいる。
一気に取り返さなけば!僕は頑張った。そして、練りに練ったクリスマスデートプラン完成。
インターネットでおしゃれな洋服と靴、バックもたのんだ。すべてカスミちゃん好みのもの。
占めて二十万円。安いのか高いのかはわからないがきっとカスミちゃんの趣味には合うだろう。
久しぶりに外に出て散髪にも行ってきた。僕としては大きな進歩だ。
今日のチャットが楽しみだ。
しかし……
予定の時刻になってもカスミちゃんは現れなかった。
なぜなんだ? 僕は何か悪いことをしたのか? 嫌われる理由がないじゃないか。おかしすぎる……
僕は 原因を追究するべく、過去の履歴を見た。
    カスミ: 会いたいな
    僕:僕も会いたい ちょっと恥ずかしいけど
    カスミ:嬉しい! クリスマス空いていますか?  
    僕:もちろんクリスマスは相手います
なんとしたことだ! 肝心なところで変換ミス! 
「相手なんていないよ、空いてるんだよ! 」
僕はパソコンの画面に向かって叫んだ。
                                                  おしまい


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/03/16 オマス

すばらしい! 

17/04/11 オマス

すばらしい

17/04/11 茉莉花

オマスさん
すみません、コメントいただいていたのにお返事が遅くなりました。ありがとうございます!

ログイン
アドセンス